不死鳥伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
不死鳥伝説
山口百恵スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡
時間
レーベル CBSソニー
プロデュース 酒井政利
チャート最高順位
山口百恵 年表
Star Legend 百恵伝説
(1980年)
不死鳥伝説
(1980年)
This is my trial
(1980年)
『不死鳥伝説』収録のシングル
  1. さよならの向う側
    リリース: 1980年8月21日
テンプレートを表示

不死鳥伝説』(フェニックスでんせつ)は、山口百恵の21枚目のスタジオ・アルバム。1980年8月21日CBSソニーよりリリースされた。

解説[編集]

  • 帯コピー:蘇ると約束するわ 心だけは永遠の生きもの…
  • シングル「さよならの向う側」と同時発売。
  • この年、引退前の百恵にとって最後の「百恵ちゃんまつり」(新宿コマ劇場)におけるオリジナルミュージカル「不死鳥伝説」(阿木燿子脚本)用のアルバム。歌詞カードには物語のあらすじが書かれている。
  • LPは2枚組で、4面目には曲は収録されておらず、盤に百恵の直筆サインが刻印されている。
  • カセットは、ミュージカルの曲順通りに構成されており、LPとは曲順が異なる。
  • 2003年6月4日に発売された、全オリジナルアルバム22枚を復刻したCD-BOX『MOMOE PREMIUM』にはリマスタリング音源で収録されている(2007年9月30日には更なるマスターサウンド仕様が施された『Complete MOMOE PREMIUM』が発売された)。

収録曲[編集]

全作詞: 阿木燿子、全作曲: 宇崎竜童、全編曲: 萩田光雄 (注記を除く)。

A面
#タイトル作詞作曲
1.「序曲」萩田光雄
2.「海から零へ」  
3.「不死鳥伝説」  
4.「Miss Boy」  
B面
#タイトル作詞作曲
1.「ブラックボール」 佐々木勉
2.「テレパシーナ」  
3.「Who」  
4.「スペース・トラブル危機一髪」  
C面
#タイトル作詞作曲
1.「ダンシング・スターシャイン」 萩田光雄
2.死と詩 death and poem  
3.さよならの向う側  
4.「空から無限大」萩田光雄

ミュージシャン[編集]

  • ドラム: 島村英二、市原康
  • エレクトリック・ベース: 杉本和弥、岡沢章、富倉安生
  • アコースティック・ピアノ: 佐藤準羽田健太郎、富樫春生
  • ハモンドオルガン: 佐藤準
  • オベルハイム: 佐藤準、萩田光雄
  • アープ・オデッセイ: 佐藤準 萩田光雄
  • プロフェット-5: 佐藤準 萩田光雄
  • シンセサイザー・オペレーター: 杉原天狗
  • エレクトリック・ギター: 松原正樹芳野藤丸今剛
  • アコースティック・ギター: 吉川忠英、谷浩一
  • パーカッション: 斎藤ノブ、ベッカー
  • ストリングス: 多グループ、小林グループ
  • トランペット: 数原晋、岸義和、白山文男
  • トロンボーン: 新井英治、岡田澄雄、三田治美、平内治夫
  • テナーサックス: 砂原俊二
  • フルート: 衛藤幸雄、相馬充、小出道也
  • オーボエ: 坂宏之
  • ハープ: 山川恵子
  • ティンパニー: 白石健一
  • バックヴォーカル: 伊集加代子、槙みちる、尾形道子、山口百恵、梅垣達志、萩田光雄、川瀬泰雄

スタッフ[編集]

  • エグゼキュティブ・プロデューサー: 酒井政利
  • プロデューサー: 川瀬泰雄
  • ディレクター: 川瀬泰雄
  • レコーディング・エンジニア: 前島裕一
  • リミキシング・エンジニア: 前島裕一、萩田光雄
  • アシスタント・エンジニア: 大野邦彦
  • レコーディング・コーディネーター: 金塚晴子
  • アシスタント・ディレクター: 前木幹正
  • ミュージシャンズ・コントラクター: 清実正敏
  • 写真: 篠山紀信
  • ジャケットデザイン: 横尾忠則

関連作品[編集]