ツバサ・クロニクル 由依&美香のぷり☆すて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- > ツバサ・クロニクル 由依&美香のぷり☆すて

ツバサ・クロニクル 由依&美香のぷり☆すて(つばさ・くろにくる ゆいとみかのぷりすて)は「BEAT☆Net Radio!」にて配信されたインターネットラジオ番組である。テレビアニメツバサ・クロニクル』の関連番組として配信された。本記事では、第2弾である『ぷり☆すて RETURN』(ぷりすてりたーん)についても記述する。

第1期『由依&美香のぷり☆すて』[編集]

概要[編集]

第2シリーズのDVD発売記念として同番組が『ぷり☆すて RETURN』として再開されることが2006年6月に決定。メインキャスト5人がパーソナリティとなって、2006年6月23日より配信開始され、11月3日全20回で終了した。

パーソナリティー[編集]

メインパーソナリティー[編集]

マンスリーパーソナリティー[編集]

  • 入野自由 (小狼役)2005年6月、9月、12月
  • 稲田徹 (黒鋼役)2005年7月、10月、2006年1月
  • 浪川大輔 (ファイ役)2005年8月、11月、2006年2月

コーナー[編集]

  • 初めまして、私です (#1-#26)(#9.18を除く)
自己紹介をクイズ形式で行うコーナー。パーソナリティの一人が出題者となり、他のメンバーに対して自分に関するクイズを出題する。
#14-#17は「初めまして、ぼくちんです」(出題者:入野自由)、#19-#26は「初めまして、俺です」(出題者:稲田徹・浪川大輔)として行われた。
  • ○○国の人々 (#1-#26)(#9、#18を除く)
マンスリーパーソナリティーを「王子」と呼び、その国にふさわしい法律や決まり事を募集するコーナー。どの国に住みたいかのリスナー人気投票も行われた。
  • あの羽根の行方? (#1-#40)(#18、#31、#34、#37、#38を除く)
懐かしい記憶や思い出についての、リスナーからのお便りを紹介するコーナー。
  • ぷっち○○ (#27-#40)(#31を除く)
パーソナリティーが、15秒間あるキーワードについてフリートークをするコーナー。
  • これが○○国 (#27-#40)(#31を除く)
マンスリーパーソナリティーを「王子」と呼び、その国の設定を募集するコーナー。
  • お知らせ(#21-#40)(#1-#20までは「モドキのお店」)
アニメ本編や、関連商品などについての情報告知コーナー。
  • ぷりすて忘年会
31回で2005年に忘れたいことや、2006年の抱負を引き誰か当てる。

ゲスト出演者[編集]

備考[編集]

  • #9は公開録音、#18はカラオケボックスでの出張録音の様子が放送された。#31も出張録音。
  • 2006年1月には、『○○国の人々』の人気投票で第一位だった浪川大輔が一人で放送する、『大輔王子のぶり☆すて』が配信されたことがある。
  • 時折台本にはないサプライズが仕掛けられ(仕掛けのために台本が捏造されたこともある)、マンスリーパーソナリティーの男性声優陣が割を食ったことがある。

第2期『ぷり☆すて RETURN』[編集]

番組概要[編集]

パーソナリティー[編集]

主人公小狼を演じる入野自由がメイン進行を務める。

  • 入野自由 (小狼役)全てのコーナーに登場。
  • 牧野由依 (サクラ役)とっさの王子以外基本的に登場。
  • 稲田徹 (黒鋼役)羽とツバサ以外基本的に登場。
  • 浪川大輔 (ファイ役)羽とツバサ以外基本的に登場。
  • 菊地美香 (モコナ役)とっさの王子以外基本的に登場。

コーナー[編集]

  • ふつおた
番組に送られてきたお便りを読むコーナー。ふつうのおたよりの略。
  • 羽と翼
お悩み相談のコーナー。入野自由と女性メンバー二人で進行する。三人で話し合った答えを、入野自由が小狼のように(実際はそれ以上のテンションで)男らしく大声でまとめを豪語する。
  • とっさの王子
以前のラジオで男性ゲスト陣が狙っていたものの、実現をみなかったぶり☆すての実現型。男性メンバー三人で行う。リスナーから送られてくる「こんな時どうする?」という質問に、男性メンバーがアドリブで答える。そのアドリブを「国民」という名の番組関係者が判定し、得票数で順位を決める。

とっさの王子・優勝王子(票数)[編集]

  • 1回目 - 徹王子(10票)
  • 2回目 - 大輔王子(14票)
  • 3回目 - 自由王子(19票)
  • 4回目 - 自由王子(11票)
  • 5回目 - 大輔王子(12票)
  • 合計票数 - 入野自由(42票)、稲田徹(26票)、浪川大輔(37票)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]