勝田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝田市
Flag of Katsuta Ibaraki.gif
勝田市旗
Katsuta Ibaraki chapter.png
勝田市章
1954年昭和29年)11月制定
廃止日 1994年11月1日
廃止理由 新設合併
勝田市那珂湊市ひたちなか市
現在の自治体 ひたちなか市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
団体コード 08213-9
面積 73.34km².
総人口 114,685
(1994年)
隣接自治体 水戸市那珂湊市那珂町東海村
勝田市役所
所在地 茨城県勝田市東石川2丁目10-1
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

勝田市(かつたし)は、かつて茨城県県北地区に存在した1994年11月1日那珂湊市合併し、ひたちなか市となった。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

平安時代後期には吉田郡の一部に属し、吉田神社(水戸市)の社領であったことから常陸大掾系吉田氏の勢力が及んでいたほか、鹿島神宮領もあった。また、この頃には新羅三郎義光が常陸へ進出したため源氏の勢力が及び、義光の子義清那珂郡武田郷へ、義業久慈郡佐竹郷(常陸太田市)へそれぞれ土着した。このような諸勢力の乱立状態のなか義清・清光親子は一族と対立し甲斐国(山梨県)へ配流され、甲斐では巨摩郡市河荘を基盤に勢力を拡大し甲斐源氏の祖となった。

沿革[編集]

行政区域変遷[編集]

※細かい境界の変遷は省略

  • 変遷の年表
  • 変遷表

教育[編集]

専門学校[編集]

高等学校[編集]

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

商業[編集]

  • 市内の商業施設

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 字の区域及び名称の変更(平成3年11月7日 茨城県告示第1210号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第292号: p.2-3, (1991年11月7日) 
  2. ^ 町の区域の設定(平成4年10月29日 茨城県告示第1275〜1279号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第392号: p.1-6, (1992年10月29日) 
  3. ^ 町の区域の設定(平成5年9月13日 茨城県告示第1070〜1072号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第481号: p.3-7, (1993年9月13日) 
  4. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

関連項目[編集]