初田悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初田悦子
生誕 (1979-02-06) 1979年2月6日(38歳)
出身地 日本の旗 大阪府
ジャンル J-POP
職業 歌手主婦
活動期間 2009年 -
レーベル SME RECORDS
事務所 Prana
共同作業者 鎌田雅人
公式サイト http://hatsutaetsuko.com/

初田悦子(はつた えつこ、1979年2月6日 - )は、日本女性歌手主婦大阪府出身。所属レーベルSME RECORDS、所属事務所はPrana。

概要[編集]

1人の女児を持つ専業主婦でもある。母はシャンソン歌手[1]、姉も同じくシャンソン歌手の岩本さつき[2]。遠縁には詩人中原中也がいるとされる[3]

音楽プロデュース鎌田雅人が務める。

略歴[編集]

幼少期よりピアノで遊びながら音楽に触れる。3歳の頃に母の教えによりピアノとソルフェージュを習う。

1997年、大阪市港区にある複合施設ORC200が主催、ヤマハ音楽振興会が協賛する『第1回ヴォーカルクイーンコンテスト』に出場し、小林明子の「恋におちて -Fall in love-」を歌唱(なお、この回のティーンズ部門の優勝者は当時14歳であった大塚愛である)。これを皮切りに本格的に歌手を目指すようになり、大阪府や兵庫県を拠点にライブハウスで音楽活動を行うかたわら、様々な音楽コンテストに出場する。

2003年、24歳の時に結婚。翌年長女を出産し、以降主婦業に専念する。

2007年、再度歌手としてライブを再開。この頃、家族でカラオケに行った際、カラオケの冊子に掲載されていた日本テレビ系『歌スタ!!』の応募ページを見たことをきっかけに同番組へ応募。7月に番組内でJourneyの「Open Arms」、さらに追試でMISIAの「つつみ込むように…」を歌唱するも不合格となった。12月の「りべんじオーディション(敗者復活戦)」で荒井由実の「翳りゆく部屋」を歌唱し、ウタイビトハンター(審査員)として番組に出演していた音楽プロデューサーの鎌田雅人の目に留まる。

2008年夏、番組内で行われた最終プレゼンテーションで楽曲「MOTHER」を歌唱し、合格。SME RECORDSからのデビューが決定する。デビュー曲は自身で作詞をすることが条件であったため、これ以降楽曲制作に入る。

2009年1月5日、番組内で特集が組まれる。2月18日シングル「きみのママより」でSME RECORDSよりデビュー

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]