ビッグ・ショー! ハワイに唄えば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビッグ・ショー! ハワイに唄えば
監督 井筒和幸
脚本 安倍照男
塩田千種
金子弦二郎
井筒和幸
出演者 室井滋
尾藤イサオ
竹内結子
音楽 藤野浩一
撮影 浜田毅
編集 冨田伸子
製作会社 シネカノン
東宝
日活
配給 東宝
公開 日本の旗 1999年5月15日
上映時間 105分
前作 のど自慢
(1998年)
次作 青いうた〜のど自慢 青春編〜
(2005年)
テンプレートを表示

ビッグ・ショー!ハワイに唄えば』は、1999年日本映画東宝系で同年5月15日に公開された。

概要[編集]

前年に公開された「のど自慢」の井筒和幸監督が同作品の主人公・赤城麗子のその後を描いたコメディ。

あらすじ[編集]

売れない演歌歌手・赤城麗子(室井滋)は“NHKのど自慢”出場を機に歌手としての自信を取り戻した。持ち歌「おしどり涙」が少しは売れて気を良くした赤城と須貝マネージャー(尾藤イサオ)のふたりは新たに雇った付き人・高橋里美(竹内結子)を連れ、新曲の営業と慰安旅行を兼ねてハワイにやってきた。仕事といっても一晩だけ女子プロレスの前座で歌うだけ。あとはビーチに、買い物に、とリゾート気分でやって来たのだが……。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]