李鳳宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リ・ボンウ
李 鳳宇
生年月日 1960年
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市東山区
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画

李 鳳宇(リ・ボンウ、1960年 - )は、日本映画プロデューサー。元映画配給会社株式会社シネカノンおよび株式会社シネカノンパブリッシャーズの代表。現在、株式会社レスペ(RESPECT)代表。

来歴[編集]

生い立ち・学生時代[編集]

1960年、京都府京都市東山区在日朝鮮人として生まれる(1990年代に韓国籍取得)。李が「最も尊敬する」父親(1987年死去)は、木下プレス(洋服プレス工場)の社長だった。

1972年、京都朝鮮第一初級学校卒業。1978年、京都朝鮮中高級学校を卒業し朝鮮大学校入学。1982年、同大学外国語学部卒業。1983年、朝鮮総連の機関紙・朝鮮新報社入社。1984年、フランス・ソルボンヌ大学留学。2年間を過ごす[1]。帰国後、1986年、徳間ジャパンにて委託プロデューサーの道を歩み始め、1989年、映画配給会社シネカノン設立。

映画プロデューサーとして活躍[編集]

1990年、ポーランド映画『アマチュア』(クシシュトフ・キェシロフスキ監督)で初めて配給を手掛ける。1991年には、シードホール他で「朝鮮映画祭」を開催、全国巡回上映をする。翌年、徳間ジャパン、博報堂、FM東京が映画『バード』を製作、コーディネートを務める。1992年、『』(ジャック・ベッケル監督)など、アジア・ヨーロッパの作品を配給。

1993年、『月はどっちに出ている』(崔洋一監督)で初の映画プロデュースを手掛け、キネマ旬報監督賞など国内外の50以上の映画賞を受賞。1994年、韓国映画『風の丘を越えて/西便制』を配給、劇場経営も手掛ける。2000年『シュリ』、2001年『JSA』をヒットさせ、韓流ブームの火付け役と呼ばれる。

2005年、『パッチギ!』(井筒和幸監督)で毎日映画コンクール日本映画大賞、キネマ旬報ベスト・テン第1位、ブルーリボン賞作品賞など多数受賞。続く2006年には、『フラガール』(李相日監督)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。インディペンデントで製作・配給した映画で初めての受賞となる。翌年には映画文化への貢献を評価され、第16回淀川長治賞を受賞。

シネカノンからSUMOMO設立へ[編集]

早稲田大学大学院国際情報通信研究科と東京大学大学院情報学環、京都精華大学人文学部にて映画製作の授業を受け持つとともに、世田谷ものつくり学校でのスクーリング・パッド映画学部長を務めるなど、人材育成にも積極的に取り組む。しかしこの頃よりヒット作に恵まれないようになる。また、「シネカノンの映画ファンドは、それを仕掛けた会社JDCの粉飾決算が原因で経営不振に陥り2010年1月、東京地方裁判所へ民事再生手続申立。

同2010年9月「再生計画案」で李は「新会社顧問に就任、プロデューサー能力を生かし新会社の事業に貢献する」と発表された[2]

2011年4月、映画製作会社SUMOMOを設立、代表取締役に就任。同年には移動映画館プロジェクト「MoMO」をプロデュース[3]。9月16日 - 19日には、この第1弾として、東日本大震災の被災地を巡回して映画上映を行うイベント「東北映画祭2011 in 松島」を開催した。

2012年11月、船戸与一原作、山本太郎主演の映画EDEN (映画)が公開され、各地でロングラン上映した。

2012年12月から社名をSUMOMOからレスペ(RESPECT)に変更した[4]

2014年、東映と共同製作で唐沢寿明主演で「イン・ザ・ヒーロー」を製作し、シナリオライターとしても参加。

2017年、最新作「リングサイド・ストーリー」を完成させ公開待機中(2017年8月現在)

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 李鳳宇・四方田犬彦「パッチギ!対談篇 喧嘩、映画、家族、そして韓国」(朝日新聞社、2005年)p246
  2. ^ 『文化通信』平成22年9月3日
  3. ^ 「MoMO」オフィシャルサイト
  4. ^ レスペ(facebook)

関連文献[編集]

外部リンク[編集]