片翼だけの天使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片翼だけの天使』(かたよくだけのてんし)は、生島治郎が1984年に発表した私小説。韓国籍の風俗嬢と出会い、結婚するまでを描いている。また、これを原作とし1986年には映画化された。ヒロインを演じた秋野暢子は本作でキネマ旬報主演女優賞を獲得した。

あらすじ[編集]

バツイチで56歳の推理作家・越路玄一郎は、ある日、友人に誘われて行ったトルコ風呂で風俗嬢の景子と出会う。韓国生まれで明るく気立てのよい景子に玄一郎は魅かれていく…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]