暗夜行路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

暗夜行路』(あんやこうろ)は、志賀直哉小説である。雑誌「改造」に1921年(大正10年)1月号から8月号まで前編、1922年(大正11年)1月号から1937年(昭和12年)4月号まで断続的に後編を発表した。志賀直哉唯一の長編小説で、晩年の穏やかな心境小説の頂点に位置づけられる作品である。4部構成。

当初は1914年(大正3年)に『時任謙作』という題で『東京朝日新聞』に連載される予定だったが挫折、完結までに17年間の時を要した。近代日本文学の代表作の一つで、小説家大岡昇平は「近代文学の最高峰である」と讃えている。

あらすじ[編集]

主人公時任謙作(ときとうけんさく)は、年上のお栄という女に家事をまかせ、放蕩の毎日を送る小説家。だが尾道に移り住み、生活を立て直し、小説執筆に専念する。旅に出た彼は、お栄と結婚したいと望むようになり、兄の信行に手紙を出す。信行からの返信で、実は謙作が祖父と母の不義の子であったこと、お栄は祖父の妾であったことを知り苦しむ。

京都に移った謙作は、直子という女性と知り合い結婚する。謙作はお栄を引き取るため旅に出るが、留守中に直子が従兄と過ちを犯したことで再び苦悩を背負い、鳥取の大山の蓮浄院の離れを借りて別居する。大山に登山した謙作は、明け方の光景に強く感動する。蓮浄院に戻った謙作は高熱で倒れる。駆け付けた直子は「兎に角、自分は此人を離れず、何所までも此人についていくのだ」としきりに思う。

執筆の経緯[編集]

この小説は志賀直哉が尾道居住時代に着手した『時任謙作』を前身としている。執筆当初、武者小路実篤を介して夏目漱石から東京朝日新聞に小説を連載するよう依頼されたことから、直哉は漱石の『こゝろ』の連載終了後に同紙にこの『時任謙作』を掲載するつもりで執筆を進めていた。しかし、一回ごとに山や謎を持たせるという、連載小説特有の書き方に苦労する[1]。結局、直哉は1914年(大正3年)の夏[2]、松江から東京の漱石宅を訪問し、漱石に直接詫びを入れ、連載辞退を申し入れた。

父との「和解」後、それを題材にした『和解』『或る男、其姉の死』を発表したことで、直哉は父との不和が題材の『時任謙作』を執筆する必要性に疑問を感じ、執筆意欲を失う。しかし、主人公が実は祖父の子であったという設定と、そのことから生じる主人公の苦悩という新たな題材を思いつき、この長編を執筆する意欲を取り戻した[3]。そして1918年(大正7年)から翌1919年(大正8年)ごろ、『時任謙作』は『暗夜行路』と名を改められた上で、菊池寛通俗小説真珠夫人』に続く連載作品として大阪毎日新聞に掲載されることが一旦は約束された。ところが、直哉が途中まで執筆したとき、同紙から「なるべく調子を下げ、読者を喜ばすように書いてほしい」という注文が来てしまう。通俗小説を書く気のなかった直哉はその注文に応じることが出来ず、結局掲載の約束は破棄された[4][5]。その後、芥川龍之介と一緒に活動写真を見に来ていた雑誌『改造』の記者・瀧井孝作浅草で偶然会った直哉は瀧井に『暗夜行路』連載の意向を伝えた。これが承諾されると、『暗夜行路』は雑誌『改造』の1921年(大正10年)新年号に掲載された[6]。翌1922年(大正11年)の7月、その「前篇」が新潮社から出版された。「前篇」の出版時、「後篇」はすでに『改造』誌上で連載が開始されていたが、直哉はその執筆に難航し、断続的な発表を経て、1928年(昭和3年)の掲載を最後に未完のまま執筆を中断する。

1937年(昭和12年)、改造社から『志賀直哉全集』が発行されることをきっかけに、直哉は中断していた『暗夜行路』を完結させることを心に決める。そして同年4月、『暗夜行路』は『改造』誌上で完結し、その「後篇」が『志賀直哉全集』の第8巻に収録される形で出版された。『時任謙作』の執筆開始から26年目、『改造』誌上における『暗夜行路』の連載開始から17年目であった。

有名なシーン[編集]

  • 前編の最後には、女の乳房を触りながら「豊年だ!豊年だ!」と謙作が叫ぶところがある。
  • 謙作が大山の地に立ったときの大自然の描写は、志賀がこの作品を書く数十年前に大山を訪れた時の記憶だけで書いたと言われる、日本文学史上白眉とされるものである。

映画[編集]

1959年9月20日公開。東京映画製作、東宝配給。併映は『サラリーマン十戒』(原作:源氏鶏太、監督:岩城英二、主演:小林桂樹)。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「続創作余談」(改造 1938年6月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  2. ^ 阿川弘之「解説」、『暗夜行路 後篇』p.336、岩波文庫、2004年
  3. ^ 「続創作余談」(改造 1938年6月1日)。『志賀直哉随筆集』(岩波文庫、1995年)に所収
  4. ^ 阿川弘之「解説」、『暗夜行路 後篇』p.337、岩波文庫、2004年
  5. ^ 貴田庄 『志賀直哉、映画に行く―エジソンから小津安二郎まで見た男』pp.218-219、朝日新聞出版〈朝日選書〉、2015年。
  6. ^ 阿川弘之「解説」、『暗夜行路 後篇』p.338、岩波文庫、2004年