花のお江戸の釣りバカ日誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花のお江戸の釣りバカ日誌
監督 栗山富夫
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
ナレーター 笹野高史
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 和田薫
撮影 藤原三郎
編集 園井弘一
配給 松竹
公開 日本の旗 1998年12月23日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4.8億円[1]
前作 釣りバカ日誌10
次作 釣りバカ日誌イレブン
テンプレートを表示

花のお江戸の釣りバカ日誌』(はなのおえどのつりバカにっし)は、1998年12月23日公開の日本映画釣りバカ日誌シリーズ第12作(特別編第2作)。

現代の建設会社を描いたシリーズ本編とは違い、幕末の江戸と庄内藩を舞台として登場人物の先祖(ナレーションの説明では末裔)が物語を繰り広げ、終盤に現在の浜崎と鈴木のみ登場する。

栗山富夫はシリーズ第1作から監督を務めてきたが(1994年の『釣りバカ日誌スペシャル』を除く)、本作がシリーズ最後の監督作品となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「1999年日本映画配給収入」、『キネマ旬報2000年平成12年)2月下旬号、キネマ旬報社2000年、 154頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]