釣りバカ日誌10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
釣りバカ日誌10
監督 栗山富夫
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 かしぶち哲郎
撮影 花田三史
編集 鶴田益一
配給 松竹
公開 日本の旗 1998年8月8日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億1000万円[1]
(1998年度邦画11位)
前作 釣りバカ日誌9
次作 花のお江戸の釣りバカ日誌
テンプレートを表示

釣りバカ日誌10』(つりバカにっしテン)は、1998年8月8日公開の日本映画釣りバカ日誌シリーズ第11作(レギュラーシリーズ第10作)。

キャスト[編集]

浜崎家
  • 浜崎伝助(鈴木建設営業三課) - 西田敏行
  • 浜崎みち子(妻) - 浅田美代子
  • 浜崎鯉太郎(息子) - 上野友
鈴木家
メインゲスト
  • 富田松五郎(伝助の釣りの弟子) - 金子賢
  • 岩下みどり(松五郎の恋人) - 宝生舞
鈴木建設
その他

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

その他[編集]

  • 公開当時、GODZILLAが公開されていたためOPで浜崎と鈴木社長がゴジラを釣る漫画のお遊びがある。
  • 浜崎がトイレから帰ってきた際に歌っていた替え歌の原曲は『帰ってきたウルトラマン』のOPである。
  • 2006年に放送されたフジテレビ系ドラマ『トップキャスター』の中で、椿木春香(天海祐希)と結城雅人(谷原章介)が『釣りバカ日誌10』を観に行ったという設定が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 「1998年日本映画配給収入」、『キネマ旬報1999年平成11年)2月下旬号、キネマ旬報社1999年、 175頁。

外部リンク[編集]