釣りバカ日誌スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
釣りバカ日誌スペシャル
監督 森崎東
脚本 山田洋次
関根俊夫
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
製作 櫻井洋三
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 佐藤勝
撮影 東原三郎
編集 鶴田益一
配給 松竹
公開 日本の旗 1994年7月16日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5.7億円[1]
前作 釣りバカ日誌6
次作 釣りバカ日誌7
テンプレートを表示

釣りバカ日誌スペシャル』(つりバカにっしスペシャル)は、1994年7月16日公開の日本映画釣りバカ日誌シリーズ第7作(特別編第1作)。

あらすじ[編集]

今回の恋の行方は佐々木課長の娘・志野。 志野に恋心を抱く田園調布駅で降りる青年は実は銀座の宝石屋の1人息子だった。興信所を利用して鈴木建設の社員の娘だと判明したあと、社長同士の話合いで縁談まで進む。 ところが志野に憧れる男性は身近に。なんと志野を好きになった高校の同級生・武が志野のデート現場に尾行するようになる。現場をめちゃくちゃにされた志野は健吾に「ごめんなさい」と別れる。和男は縁談がだめになってしまったのを機に、退職届を提出したが、鈴木はプライベートはことであるとし、退職届を破棄した。落ち込んだ志野をなぐさめようと和男は渋谷で食事しようと誘った。

キャスト[編集]

浜崎家
鈴木家
メインゲスト
鈴木建設
その他

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「1994年邦画作品配給収入」、『キネマ旬報1995年平成7年)2月下旬号、キネマ旬報社1995年、 156頁。

外部リンク[編集]