釣りバカ日誌2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
釣りバカ日誌2
監督 栗山富夫
脚本 山田洋次
堀本卓
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
製作 内藤誠
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 久石譲
撮影 安田浩助
編集 鶴田益一
配給 松竹
公開 日本の旗 1989年12月27日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 14億1000万円[1]
前作 釣りバカ日誌
次作 釣りバカ日誌3
テンプレートを表示

釣りバカ日誌2』(つりバカにっしツー)は、1989年12月27日公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第2作。同時上映は『男はつらいよ ぼくの伯父さん』。 シリーズ化したことで、1作目のラストはなかったことになっている[2]

キャスト[編集]

浜崎家
シリーズ化により1作目の四国への転勤はなかったことになっている。スーさんの妻の久江に頼まれて、行方をくらましたスーさんを探しに行く。その際、会社に兄の葬儀に行くと偽る。
鈴木家
メインゲスト
スーさんが倒れた時に出会った女性。浜ちゃんに見つかったとき、スーさんは自分の娘だとうそを言う。だが、そのあと伝助と釣りをしている弥生の写真が新聞に載り、懲罰委員会で弥生が吉田建設の社長秘書であることを知る。
鈴木建設
  • 草森(秘書) - 園田裕久
  • 佐々木 和男(営業三課課長) - 谷啓
  • 恵(営業三課) - 戸川純
  • 香織(営業三課) - 野澤あや
  • 前原(運転手) - 笹野高史
その他
  • 太田八郎(ハマちゃんの隣人) - アパッチけん
  • 吉田社長(一之助の親友・吉田建設社長) - 内藤武敏
  • 竹田医師(一之助の親友・主治医) - 久米明

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]