小島日女子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 日女子(こじま ひめこ)は、1952年昭和27年)の『ミス・ジャパン』であり、同年に行われた第一回 『ミス・ユニバース』世界大会に日本代表として出場した[1]

第一回 『ミス・ユニバース』日本大会は1952年、日活国際会館6階4号室に全国10地区の代表を集めて行われ、近畿代表の小島が選ばれた[2]世界大会は同年6月、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで行われ、29ヶ国からの代表者と39人のアメリカからの参加者が競演した[1]。そこに敗戦後の占領状態から同年4月に独立を回復したばかりだった日本の代表として出場した小島は、非公式の特別賞 『ミス・エレガンス(Miss Elegance)』を受賞している[1]。当時は大阪府出身の20歳で身長168cm、体重56kg、スリーサイズ91-66-91。その後オークランドミルズ・カレッジ英語版に入学、さらにニューヨーク大学で家政学を学んだ[3][4]

1955年昭和30年)9月21日、アメリカの富豪で綿花貿易商のベンジャミン・アドラー(当時66歳)と結婚し、1959年時点でニューヨークに住んでいた[4]が、その後離婚し、国務省の役人と再婚したという[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Miss Universe 1952 Miss Universe LLPP、平成23年8月30日閲覧
  2. ^ 週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号 ミス・ユニバース ワールド 美の祭典 70頁
  3. ^ ミス・ユニバース(一覧)『中部日本新聞』1959年6月8日夕刊3面
  4. ^ a b 週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号 ミス・ユニバース ワールド 美の祭典 32頁
  5. ^ 23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに? 週刊朝日1974年5月3日号 139~143頁

外部リンク[編集]