前田晴美 (ミス・ユニバース・ジャパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まえだ はるみ
前田 晴美
生誕 (1951-03-16) 1951年3月16日(67歳)
日本の旗 日本 福井県
出身校 学習院大学
職業 ミスコンテスト代表
スチュワーデス
ゴルフ場ビジネス専門家

前田 晴美(まえだ はるみ、1951年3月16日 - )は、1972年昭和47年)の『ミス・ジャパン』であり、同年のミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場してトップ12に入賞した[1]

人物[編集]

福井県出身[1]学習院大学法学部政治学科卒業[1]

ミス・ユニバース[編集]

大学在学中だった1972年昭和47年)、プエルト・リコで行われたミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場した。12人のセミファイナリストのひとりとして勝ち残った前田は、コンテストの司会者から法律を学んでいる理由を問われ、「私は法律を勉強しています。私は、良い主婦になりたいのです」と答えて、司会者や聴衆を楽しませたという[2]。選考の結果、前田はトップ5には入らなかった[1]。当時の身長は167cm、スリーサイズは88-58-89cm[3]

航空会社勤務[編集]

大学卒業後は全日空に就職、スチュワーデスとして勤務の後、客室部客室乗務員室インストラクターや教官を歴任した[1][4]

ゴルフ場経営への関与[編集]

1986年昭和61年)、当時大手ゴルフ場経営会社だった大洋株式会社[5](東京都港区)に就職[4]、同社が所有していた皐月ゴルフ倶楽部鹿沼コース(栃木県)において、女性としては日本で初めてのゴルフ場支配人となった[1][4]

1988年(昭和63年)、同じく大手ゴルフ場経営会社だったエスティティ開発株式会社[6](STT開発、東京都港区)に転じ[4]、ゴルフ場9コースの運営統括役員を務めるなどした[1]

1999年平成11年)、独立してコールセンターを主体としたアウトソーシング事業を行う企業を千葉県に設立[7][4]、同社の代表取締役社長となった[1]

2004年(平成16年)、ゴルフ場運営コンサルタント事業及びコールセンターを主体としたアウトソーシング事業などを行う株式会社メリージャンクション(東京都台東区)専務取締役に就任した[4]。ゴルフ場のキャディ教育も行っている前田には、著書『キャディ進化論』(ゴルフダイジェスト社刊)もある。

区議会議員選挙に出馬[編集]

2015年平成27年)の統一地方選挙で「口廣(くちひろ)晴美」の名前で次世代の党から東京都江東区議会議員に立候補したが、落選した[8]2016年平成28年)5月16日現在「くちひろ晴美」公式サイトは閉鎖されているが、ミス・ユニバース当時の秘話を本人が語るサイトは残されている[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 講師プロフィール 前田晴美 Tokyo Speaker's Club (東京ライターズバンク)、平成23年8月31日閲覧
  2. ^ Aussie weatherbird rises to the occasion Miss Universe 1972, Critical Beauty, 2008、平成23年9月1日閲覧
  3. ^ 美の代表は清純派『毎日新聞』1972年3月25日22面
  4. ^ a b c d e f 講師紹介 専務取締役・チーフコンサルタント 前田晴美 株式会社メリージャンクションのウェブサイト、平成23年9月1日閲覧
  5. ^ 後の大洋緑化株式会社。はじめは平和相互銀行グループのゴルフ場経営会社として設立され、最盛期にはグループで国内14コース、国外4コースのゴルフ場を保有、約35,000名の会員を有していたが、平成16年10月に倒産した
  6. ^ バブル期には高級ゴルフクラブとして知られ、最盛期には関東地区を中心に11のゴルフ場を経営、また東京・新橋では1000億円規模の不動産投資をするなどしていたが、平成14年10月に倒産した
  7. ^ パーソルジャパン株式会社
  8. ^ 江東区 (2017年1月19日). “平成27年4月26日執行 区議会議員選挙”. 2017年3月13日閲覧。
  9. ^ くちひろ晴美. “私の履歴書 1971年~1972年”. 2016年5月16日閲覧。

外部リンク[編集]