大須賀喜久代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大須賀 喜久代(おおすか きくよ)は、愛知県名古屋市の女性。1969年昭和44年)の「ミス・ジャパン」で、日本代表として同年7月にアメリカ・フロリダ州マイアミビーチで行われたミス・ユニバース世界大会に出場。「トップ4(総合第5位)」を受賞した。当時は家事手伝いの18歳で身長166cm、体重50kg、スリーサイズは86-59-87cm[1]

ミスユニバース世界大会では、そのカリスマ性によってセミファイナルからファイナルに進出。ファイナル・クエスションにおける質疑応答は通訳を介したもので精彩を欠いた[2]が、日本代表のファイナリスト入賞は、1959年昭和34年)に優勝して『ミス・ユニバース』となった児島明子以来10年ぶりであった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本代表きまる ミス・ユニバース『朝日新聞』1969年5月5日14面
  2. ^ http://www.missosology.info/forum/viewtopic.php?t=34793