飯野矢住代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いいの やすよ
飯野 矢住代
プロフィール
生年月日 1950年3月9日
没年月日 1971年12月28日
没年齢 21歳(数え22)
出身地 東京都渋谷区円山町
死没地 東京都渋谷区笹塚町
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(1968年時点)
身長 / 体重 169 cm / 51 kg
BMI 17.9
スリーサイズ 84 - 60 - 90 cm
活動
デビュー 1968年ミス・ユニバース世界大会
ジャンル グラビア
モデル内容 一般・水着ヌード
備考 1971年(昭和46年)12月28日、マンションの浴室内で死亡
他の活動 女優
銀座の高級クラブ『姫』のホステス
事務所 ジャニーズ事務所
モデル: テンプレート - カテゴリ

飯野 矢住代(いいの やすよ、1950年3月9日[1] - 1971年12月28日)は、日本モデルタレント女優である。本名は、裕代(読み同じ)。

1968年昭和43年)のミス・ユニバース日本代表として知られるほか、ジャニーズ事務所として初めての女性タレントであったものの、21歳で死亡した。

人物[編集]

東京都渋谷区円山町出身。

はじめは1967年(昭和42年)、『ミス東京』のグランプリとなった。翌1968年(昭和43年)にはミス・ユニバース日本代表となり、同年7月にアメリカ・フロリダ州マイアミビーチで行われたミス・ユニバース世界大会に出場した。飯野はその大会で、入賞は出来なかったものの、特別賞『ミス・アミティ』を受賞している。当時のサイズは身長169cm、体重51kg、スリーサイズ84-60-90cm[2]

その後、ジャニーズ事務所に所属。雑誌グラビアや、テレビドラマプレイガール』の第18話や、映画『やくざ刑罰史 私刑(リンチ)!』に出演したものの、後に退社した。退社後には、作詞家で後に直木賞作家となった山口洋子が経営していた銀座高級クラブ『姫』のホステスを始め、職を転々とした。

1969年(昭和44年)12月、当時交際していたドラマー・ジョニイ・レイズとの間に男児を儲けるが、出産後間もなく死亡している。

1971年(昭和46年)の暮れ、幼馴染である俳優の池田秀一が当時住んでいたマンションの浴室内にて池田の不在中に死亡した。死亡原因については、風呂を沸かしていたところ、そのまま居眠りをしている最中に空焚きによるガス漏れを起こしたことによる一酸化炭素中毒であると報じられたほか[3]、風呂水が漏れて少量しか入っていなかったことが原因で空焚きを起こしてしまったとの報道もされた。

ザ・スパイダースのシングル「サマー・ガール」のB面「なればいい」の作詞者としても知られる(ペンネームは「オリベゆり」作曲はかまやつひろし)。

参考文献[編集]

  • 山口洋子 『ザ・ラスト・ワルツ - 「姫」という酒場』 双葉社、1996年、ISBN 9784575232677、63〜74頁
  • 「大女優も殺人犯もいる「ミスコン100年」美女たちの栄光と転落」『週刊新潮』2008年3月20日号、52〜55頁

脚注[編集]

  1. ^ 虚名とロマンスを着飾って生きたはかない21年の生涯 飯野矢住代が過ごした死の前夜6時間『週刊平凡』1972年1月20日号 40頁
  2. ^ 東京の飯野さん ミス・ユニバース代表『中日新聞』1968年5月6日14面
  3. ^ 読売新聞』 1971年12月29日付ほか多数

関連項目[編集]

外部リンク[編集]