中山幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかやま さちこ
中山 幸子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道
公称サイズ(1975年[1]時点)
身長 / 体重 168 cm / 56 kg
BMI 19.8
スリーサイズ 85 - 62 - 94 cm
活動
備考 1975年昭和50年)ミス・ユニバース日本代表
世界大会『Top12』入賞
モデル: テンプレート - カテゴリ

中山 幸子(なかやま さちこ)は、1975年昭和50年)の『ミス・ジャパン』であり、同年のミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場、『トップ12』に入賞した。

人物[編集]

北海道網走市出身。

19歳でデザイン研究所の研究生[1]だった1975年昭和50年)2月16日、『ミス北海道兼ミスユニバース北海道選出大会』で優勝、同年の『ミス北海道』となった[2]。この北海道大会は、札幌市の札幌東急ホテルで行われ、応募者105名から3次選考に3人が残り、そこで中山が優勝した[2]

その後の日本代表選出大会は同年3月23日、大阪・大淀ABCホールで行われた[2]。地区予選から選出された21名が競演したが、近代的な美貌と抜群のプロポーションが評価されていた中山が優勝して『ミス・ジャパン』となった[2]。中山の地元、網走市では翌4月4日、中山のパレードと祝賀会が行われている[3]

中山は同年7月にエルサルバドルの首都、サンサルバドルで行われたミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場した。セミファイナルに進出した中山は、『トップ12』を獲得した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本代表に中山さん ミスユニバース『朝日新聞』1975年3月24日22面
  2. ^ a b c d 「網走百話」 第3話: ミスユニバースが網走から・・・やはり美人国なのだ 株式会社 印刷 北研社、平成23年9月9日閲覧
  3. ^ 1975-4-4 ミスユニバース日本代表中山幸子(網走市出身)パレード、祝賀会 Okhotskこれでいいのだnet オホーツク文化を発信し合う会、平成23年9月9日閲覧

外部リンク[編集]