古野弥生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるの やよい
古野 弥生
プロフィール
生年月日 1941年
出身地 日本の旗 日本 福岡県
公称サイズ(1960年[1]時点)
身長 / 体重 168.5 cm / 55 kg
BMI 19.4
スリーサイズ 88 - 57 - 92 cm
活動
備考 ミス・ユニバース日本代表
モデル: テンプレート - カテゴリ

古野 弥生(ふるの やよい)は、1960年昭和35年)の 『ミス・ユニバース・ジャパン』であり、同年のミス・ユニバース世界大会でも 『トップ15』に入賞した。

経歴[編集]

出身は福岡県福岡市[2][3][4]、小学校は福岡市立春吉小学校に通った[5]

香蘭女学院高等部1年のとき、東映の「すばらしいむすめ」に選ばれる。同3年のとき「ミス・ウール」に選ばれる[6]

1960年昭和35年)6月10日安保闘争ハガチー事件が起こった日に東京体育館で開かれた、“ミスコンの日本代表を選ぶ大会”[7]に福岡代表として出場し、ミス・ユニバース日本代表に選ばれた。

現地時間7月9日、アメリカ・フロリダ州マイアミビーチ で行われたミス・ユニバース1960に出場した。そこで古野はセミファイナルに進出、『トップ15』に入賞した。当時は無職の19歳であった。

新日本証券などに勤めた後、1969年昭和44年)不動産業を営む男性と結婚し、1974年昭和49年)2月に32歳で娘を出産した[8]

脚注[編集]

  1. ^ “雑記帳”. 毎日新聞: p. 11. (1960年6月11日) 
  2. ^ 「第5章 奈多村の歴史」『ふる里のむかし』和白郷土史研究会、和白校区自治協議会、福岡市東区和白3丁目、2006年、195頁。
  3. ^ おおむたの歴史9 戦後黄金期の大牟田”. 大牟田からの独り言. 2020年4月12日閲覧。 “大牟田観光協会、1960年ミスユニバース日本代表古野弥生氏を招き延命公園で撮影会実施”
  4. ^ “三人のミス日本決まる ユニバースには福岡の古野さん”. 読売新聞: p. 10. (1960年6月11日) 
  5. ^ 野口福雄. “記憶にとどめておきたいエピソードがある。春吉にはこんな話があるそうだ”. 晴好実行委員会. 2015年5月14日閲覧。
  6. ^ “栄冠に輝く三人の美女”. 中部日本新聞: p. 8. (1960年6月11日) 
  7. ^ この年はミス・ユニバースミス・ワールドミス・インターナショナルの日本代表を同時に選んだ
  8. ^ 「23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに?」『週刊朝日』第79巻第20号、朝日新聞社、1974年5月3日、 139-143頁。