ジェイムズ・ハガティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安保反対のデモ隊で車が立ち往生して、海兵隊ヘリに乗り換えるハガティ(中央の人物)。

ジェイムズ・キャンベル・ハガティJames Campbell Hagerty, 1909年5月9日 - 1981年4月11日)は、 ドワイト・D・アイゼンハワー政権期(1953年 - 1961年)における唯一のホワイトハウス報道官である。スティーヴン・アーリーと共に、彼はこれまでで最も長く報道官の職に就いた。

安保闘争当時、日本の報道機関は「ハガチー」と表記していた。

生涯[編集]

ハガティはニューヨーク市ブロンクス区のエヴァンダー・チャイルズ高校に通い、ブレア・アカデミーを卒業した。同アカデミーには、高校での最後の2年間出席した[1]

ハガティの次の言葉は、よく引合いに出される。「ある日私は、ほとんど絶望し、座り込んで考えていた。私の肩に手が触れ、励ましの声が聞こえた。"元気を出せ、事は悪化するだろう"。私が元気を出すと、確かに事は悪化した。」

ハガティは報道官時代の1957年3月、テレビ番組「What's My Line」に出演した。

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ McQuiston, John T. "JAMES C. HAGERTY, 71, DIES; EISENHOWER PRESS SECRETARY", The New York Times, April 13, 1981. 「ジェイムズ・ハガティは、家族がプラッツバーグからニューヨーク市へ転居(彼が3歳のとき)したのち、ブロンクスの小学校とエヴァンダー・チャイルズ高校に通い、高校最後の2年間はニュージャージー州ブレアズタウンのブレア・アカデミーに籍を置いた」。
公職
先代:
ロジャー・タビ
ホワイトハウス報道官
1953年-1961年
次代:
ピエール・サリンジャー