遠山明美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とおやま あけみ
遠山 明美
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京都立川市
公称サイズ(1961年[1]時点)
身長 / 体重 169 cm / 53 kg
BMI 18.6
スリーサイズ 86 - 58 - 93 cm
活動
備考 ミス・ユニバース日本代表
モデル: テンプレート - カテゴリ

遠山 明美(とおやま あけみ)は1961年昭和36年)のミス・ユニバース日本代表である。

来歴・人物[編集]

東京都立川市出身。武蔵野女子学院短期大学家政科2年だった20歳のとき、ミス・ユニバースミス・ワールドミス・インターナショナルの各日本代表を選ぶ「ミス日本コンテスト」に応募し、東京代表となった。1961年昭和36年)6月14日、大阪市フェスティバルホールで開かれた全国大会でミス・ユニバース日本代表に選出された。ミス・ワールド日本代表には大阪代表の村上千恵、ミス・インターナショナル日本代表には兵庫代表の京藤敦子が選出された[2][3]。遠山は翌月にアメリカ合衆国マイアミビーチで開かれた世界大会に出場したが、入賞を果たすことは出来なかった。

1965年昭和40年)冷暖房設備会社の社長と結婚し、1974年昭和49年)青木明美として週刊誌の座談会に参加した。その時点で3歳の娘がいた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木義一郎『情報量規準による統計解析入門』154頁 講談社 1995年 ISBN 9784061539358
  2. ^ ミス・コンテスト 日本代表きまる『朝日新聞』1961年6月15日11面
  3. ^ 毎日新聞』1961年6月15日11面「雑記帳」コーナー
  4. ^ 23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに?『週刊朝日』1974年5月3日号139~143頁