安藤矩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安藤 矩子(あんどう のりこ)は、1963年昭和38年)の『ミス・ジャパン』である。日本代表としてミス・ユニバース世界大会に出場、「トップ15」に入賞した。

人物[編集]

宮城県出身。宮城県涌谷高等学校卒業[1]

1958年昭和33年)、日本劇場(東京)の日劇ダンシングチームに第14期生として入団、舞台などに出演していた[2]。同舞踏団は1963年昭和38年)4月末に退団、その直後にミス・ユニバース日本代表に選出された。当時は22歳で身長165cm、体重53kg、スリーサイズは85-55-90であった[3]

安藤は同年7月にアメリカのマイアミビーチで開催されたミス・ユニバース世界大会に日本代表として出場、セミファイナルに進出して『トップ15』入賞の結果を残した。

その後、郷里でバス会社に務めていたサラリーマンの男性と結婚、3人の子供をもうけた[4]2008年平成20年)、67歳で健在、6人の孫があり、夫は仙台市郊外で泉ヶ岳スキー場を経営する泉ヶ岳総合観光開発の代表となっていることが報じられている[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和38年6月 ミスユニバース日本代表に涌谷高校出身の安藤矩子氏 涌谷町のあゆみ 宮城県涌谷町のウェブサイト、平成29年1月5日閲覧
  2. ^ 昭和38年 『昭和レビュー狂時代』 日劇ダンシングチーム(NDT)の記録、平成29年1月5日閲覧
  3. ^ ミス・ユニバース代表に安藤さん『中部日本新聞』1963年5月23日13面
  4. ^ a b 大女優も殺人犯もいる、ミスコン100年 -美女たちの栄光と転落 『週刊新潮』(新潮社) 平成20年3月20日号 52~55頁
  5. ^ 代表 都築健一 会社概要 泉ヶ岳総合観光開発株式会社、平成23年9月11日閲覧

外部リンク[編集]