高橋敬緯子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 敬緯子(たかはし けいこ)は、1955年昭和30年)のミス・ユニバース日本代表であり、同年7月にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチで行われた第4回ミス・ユニバース世界大会に出場し、第5位に入賞した(すぐ上の第4位にはミス・ドイツだったマルギット・ニュンケが入賞した)。当時は20歳で、身長166センチメートル(cm)、体重55キログラム(kg)、スリーサイズ86-64-89 cmであった[1][2]

この際の日本での代表選考会の様子を撮影した写真家、林忠彦はその作品『日本代表誕生』が「バヤリース・フォト・コンテスト」で1等に入選、ミス・ユニバース世界大会に際しても高橋らと共に渡米して撮影を行っている[3]

2年ほどNDKに所属しファッションモデルを務めた後、1957年昭和32年)5月、第一物産(財閥解体期間における旧三井物産系の中心会社)社員と結婚した[2](夫は後に三井物産の社員を経て常務となった)。1959年昭和34年)時点では夫と共に東京都内の公団アパートに住んでいた[2]1974年昭和49年)時点で14歳の娘があり、家族3人でニューヨークに住んでいた[4]。その後、夫は常務を退き、2015年平成27年)に86歳で死去し、敬緯子は告別式喪主を務めた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木義一郎『情報量規準による統計解析入門』154頁 講談社 1995年 ISBN 9784061539358
  2. ^ a b c 週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号 ミス・ユニバース ワールド 美の祭典 38頁によると、日本代表選出時は体重54 kg、スリーサイズ85-56-86 cmであった。70頁によると東京代表から日本代表に選ばれた
  3. ^ 林忠彦プロフィール 「The Photographer」 富士フイルム
  4. ^ 23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに? 週刊朝日1974年5月3日号 139~143頁
  5. ^ 日本経済新聞』2015年7月18日39面“辻暎一郎氏が死去 元三井物産常務”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年7月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HB8_X10C15A7CZ8000/ 2017年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]