高橋敬緯子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 敬緯子(たかはし けいこ)は、1955年昭和30年)のミス・ユニバース日本代表であり、同年7月にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチで行われた第4回ミス・ユニバース世界大会に出場し、第4位として入賞した(優勝者である『ミス・ユニバース』から数えて5番手評価)。当時は身長166cm、体重55kg、スリーサイズ86-64-89であった[1]

この際の日本での代表選考会の様子を撮影した写真家、林忠彦はその作品『日本代表誕生』が「バヤリース・フォト・コンテスト」で1等に入選、ミス・ユニバース世界大会に際しても高橋らと共に渡米して撮影を行っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木義一郎『情報量規準による統計解析入門』154頁 講談社 1995年 ISBN 9784061539358
  2. ^ 林忠彦プロフィール 「The Photographer」 富士フイルム

外部リンク[編集]