ペリー荻野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペリー荻野(ペリーおぎの、1962年[1] - )は、愛知県出身のコラムニスト、舞台作家、時代劇研究家[2]

愛知教育大学在学中から中部日本放送深夜放送にて、ラジオパーソナリティ放送作家としての活動を始める。1991年からは、東京での活動を開始[3]

テレビ業界に精通するともいわれ[4]、特に時代劇に関する著書が多い。史上初とされる時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」シリーズ全3作のプロデュースも手掛けた[1]2005年には、「チョンマゲ愛好女子部」を立ち上げ、その部長を務める[2]

2011年2月放送 タモリ倶楽部「大型痛快時代企画 クイズ答えてチョンマゲ!」回でちょんまげの知識を披露。

著書[編集]

  • 『チョンマゲ天国―時代劇が止まらない』ベネッセ(1995年)
  • 『コモチのキモチ―お気楽ママのヘラヘラ育児日記』ベネッセ(1996年)
  • 『ペリーが来たりてホラ貝を吹く―ヘンテコ音楽を追って』朝日ソノラマ(1999年)
  • 『Iらぶチャンバラ―お侍さん、ありがとう』アスペクト(2001年)
  • 『恋は痛いっ!―キスの後で泣かないために』マガジンハウス(2002年)
  • 『ちょんまげだけが人生さ』日本放送出版協会(2003年)
  • 『ちょんまげ八百八町』玄光社(2004年)
  • 『ナゴヤ帝国の逆襲』洋泉社(2005年)
  • 『幕末志士列伝―英雄の陰に女あり』ホーム社(2010年)
  • 『バトル式歴史偉人伝』(2015年)

共著[編集]

  • 『伝説日本チャンバラ狂 名作時代劇おもしろドキュメント』黒鉄ヒロシ企画・原案 荻野編集(集英社、2006年)
  • 『チョンマゲ江戸むらさ記』ほりのぶゆき共著(辰巳出版 2008年)
  • 西岡善信『紋次郎も鬼平も犬神家もこうしてできた』構成(日本放送出版協会、2008年)
  • 『このマゲがスゴい!! マゲ女的時代劇ベスト100』チョンマゲ愛好会女子部共著(講談社、2010年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]