神楽坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神楽坂駅
Kagurazaka-Station-Exit1b-2020.jpg
1b番出入口(2020年1月5日撮影)
かぐらざか
Kagurazaka
T 04 早稲田 (1.2 km)
(1.2 km) 飯田橋 T 06
所在地 東京都新宿区矢来町112
北緯35度42分14秒 東経139度44分3.2秒 / 北緯35.70389度 東経139.734222度 / 35.70389; 139.734222座標: 北緯35度42分14秒 東経139度44分3.2秒 / 北緯35.70389度 東経139.734222度 / 35.70389; 139.734222
駅番号 T05[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]東西線
キロ程 6.8 km(中野起点)
電報略号 カク
駅構造 地下駅
ホーム 計2面2線(2層式)
乗降人員
-統計年度-
30,609人/日
-2020年-
開業年月日 1964年昭和39年)12月23日
テンプレートを表示

神楽坂駅(かぐらざかえき)は、東京都新宿区矢来町にある、東京地下鉄(東京メトロ)東西線である。駅番号T 05

歴史[編集]


駅構造[編集]

地下駅であるが、幅員の狭い道路の下に建設されたため、単式ホーム1面1線の2層構造となっている。出入口はそれぞれのホームの端部にある。進行方向に向かって、1番線(地下3階)は左側、2番線(地下2階)は右側のドアが開く。

改札内のエスカレーターは1番線ホームと神楽坂方面改札口を連絡する上り専用のみ設置され、エレベーターは神楽坂方面改札口に設置されている。改札外のエスカレーター(上り・下り)とエレベーターは神楽坂方面改札口から1b番出口にかけて設置されている。

2010年5月31日、飯田橋寄りにある神楽坂方面改札口内の地下1階コンコース部にオストメイトベビーベッドつき多機能トイレが設置された。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 T 東西線 西船橋津田沼東葉勝田台方面
2 高田馬場中野三鷹方面

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディ[編集]

2015年5月26日から向谷実作曲の発車メロディ(発車サイン音)を使用している。

曲は1番線が「A Day in the METRO」、2番線が「Beyond the Metropolis」である(詳細は東京メトロ東西線#発車メロディを参照)。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員30,609人であり[5]、東京メトロ全130駅中90位。

近年の1日平均乗降乗車人員推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1990年(平成02年) 21,107 [* 1]
1991年(平成03年) 21,470 [* 2]
1992年(平成04年) 22,060 [* 3]
1993年(平成05年) 21,745 [* 4]
1994年(平成06年) 21,474 [* 5]
1995年(平成07年) 21,131 [* 6]
1996年(平成08年) 21,203 [* 7]
1997年(平成09年) 20,825 [* 8]
1998年(平成10年) 21,090 [* 9]
1999年(平成11年) 20,429 [* 10]
2000年(平成12年) 19,866 [* 11]
2001年(平成13年) 18,866 [* 12]
2002年(平成14年) [9]37,775 18,740 [* 13]
2003年(平成15年) [9]37,859 18,795 [* 14]
2004年(平成16年) 37,934 18,605 [* 15]
2005年(平成17年) 38,024 18,584 [* 16]
2006年(平成18年) 38,056 18,616 [* 17]
2007年(平成19年) 39,209 19,210 [* 18]
2008年(平成20年) 38,644 18,899 [* 19]
2009年(平成21年) 38,323 18,822 [* 20]
2010年(平成22年) 38,460 18,901 [* 21]
2011年(平成23年) 37,921 18,728 [* 22]
2012年(平成24年) 37,976 18,598 [* 23]
2013年(平成25年) 38,196 18,745 [* 24]
2014年(平成26年) 39,466 19,325 [* 25]
2015年(平成27年) 40,041 19,579 [* 26]
2016年(平成28年) 39,843 19,479 [* 27]
2017年(平成29年) 41,257 20,162 [* 28]
2018年(平成30年) 41,992 20,521 [* 29]
2019年(令和元年) 42,168 20,612 [* 30]
2020年(令和02年) 30,609

駅周辺[編集]

神楽坂
神楽坂
早稲田通りに設置されている田畑小穂(コボちゃん)の銅像
早稲田通りに設置されている田畑小穂(コボちゃん)の銅像

駅前は閑静な住宅街で、神楽坂方面出口からJR飯田橋駅にかけては商店街となっている。坂としての「神楽坂」や明治以来の繁華街はJR飯田橋駅の方が近い。当駅ができたことで神楽坂と呼ばれるエリアが広がった。2000年代以降は雑誌などに取り上げられる店やスポットが多く、休日は各地方から訪れる人達で賑わっている。また、高層マンションなどの開発も進み、昔ながらの街並は変貌している。

駅そばにある赤城神社の大祭が有名で、規模もそれなりに大きい。周辺地区からの神輿で賑わう。

その他[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
T 東西線(東陽町以西は全列車が各駅に停車)
早稲田駅 (T 04) - 神楽坂駅 (T 05)飯田橋駅 (T 06)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  3. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  4. ^ “九段下駅「大きな玉ねぎの下で〜はるかなる想い〜」日本橋駅「お江戸日本橋」採用 東西線に発車メロディを導入します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2015年3月25日), オリジナルの2018年6月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180630161536/http://www.tokyometro.jp/news/2015/article_pdf/metroNews20150325_T29.pdf 2020年3月11日閲覧。 
  5. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  6. ^ 新宿区の概況 - 新宿区
  7. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  9. ^ a b 瀬ノ上清二(東京地下鉄鉄道本部運輸営業部運転課)「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第55巻第3号(通巻759号)、電気車研究会、2005年3月10日、 31頁、 ISSN 0040-4047
  10. ^ 4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像が神楽坂に登場”. 新宿区 (2015年8月16日). 2018年11月17日閲覧。

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]