FANZA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社デジタルコマース
Digital Commerce Inc.
FANZA logo.svg
FANZA×-FR2 @-FR2 GALLERY 2CIMG5013.jpg
FANZA×-FR2 @-FR2 GALLERY 2(2018年9月)
種類 株式会社
市場情報 非公開
本社所在地 日本の旗 日本
105-0014
東京都港区芝五丁目36番7号
三田ベルジュビル17階
設立 2017年12月26日
業種 サービス業
法人番号 3220001022043
事業内容 インターネット関連事業
代表者 島崎啓之(代表取締役社長[1]
資本金 1,000万円
主要株主 亀山敬司
関係する人物 開田栄次郎(前代表取締役社長[2]
外部リンク http://digitalcommerce.co.jp/
テンプレートを表示

FANZA(ファンザ)は、株式会社デジタルコマースが運営する日本ECサイト、および同社の商標

概要[編集]

「FANZA×#FR2 @#FR2 GALLERY 2」よりロゴTシャツ

FANZA」の名称は、「FANtasy」(ファンタジー)の「FAN」と、日本語の「」という意味と「ZからAまで」という二つの意味を込めた「ZA」の造語になっている[3]。社名ではなくブランド名のため、後述のように他業態で横断的に使用。

商標出願は株式会社デジタルコマース[4]

名称、ロゴは米・コリンズ社に依頼しており[5]、海外展開を考え英語圏でも通じやすい名称、日本の性文化のニュアンスが伝わる名称にという意図が汲まれている[6]

沿革[編集]

  • 2018年
    • 3月1日 - 株式会社デジタルコマースが、株式会社DMM.comのインターネットサービス事業の一部を譲受し[7][2]、「DMM.R18」、「R18.com」、DMM.comの見放題chライト、DVD/CDレンタル、コミックレンタルの運営会社となる。
    • 8月1日 - 株式会社デジタルコマースのアダルト事業「DMM.R18」が「FANZA(ファンザ)」に名称変更[8]
    • 8月1日 - 名称変更を記念したPRキャンペーンとしてFANZAと#FR2(株式会社せーの)のコラボギャラリー「FANZA×#FR2 @#FR2 GALLERY 2」を8月1日~10月31日の3カ月限定で原宿にオープン。毎週末にはAV女優イベントも開催された。
    • 8月22日、ジーオーティーの発行する月刊DMMが同日発売の2018年10月号より月刊FANZAに誌名変更。
  • 2019年
    • 3月5日 - 石川県金沢市森戸から東京都港区五丁目36番7号に本社を移転。
    • 4月24日 - FANZAライブチャットにて、バーチャルライブチャットフロア(β)をオープン[9]
    • 10月2日 - FANZA動画、980円(税抜)で15万本以上のアダルト動画が30日間見放題になる定額サービス「見放題chベーシック」をリリース[10]
    • 11月4日 - FANZA動画、4Kアダルト動画の販売を開始[11]
    • 12月1日 - comfy株式会社を合併。
  • 2021年
    • 2月25日、3月末日をもってプレステージ、DOCなどプレステージグループ作品の動画配信販売[12]、DVDなどの通信販売の終了を告知[13]
    • 12月7日 - FANZAライブチャットにて、バーチャルフロアを正式オープン[14]

主なサービス[編集]

動画サービス[編集]

ライブチャット[編集]

  • FANZAライブチャット ※アダルト・人妻・ノンアダルト・バーチャル

オンラインレンタル[編集]

  • FANZAレンタル ※アダルトDVD以外はDMM.comと共通。

同人ダウンロード[編集]

電子書籍配信サービス[編集]

通販サービス[編集]

  • FANZA通販 ※DVD・復刻DVD・大人のおもちゃ・アニメ・PCゲーム・ブック・同人
    • FANZAマーケットプレイス
    • FANZAアダルトオークション

WEBメディア[編集]

その他サービス[編集]

  • FANZA出会い

複合カフェ向けサービス[編集]

  • FANZAチャンネル

月刊FANZA[編集]

月刊FANZA
Monthly FANZA
FANZA logo.svg
ジャンル アダルトビデオ情報誌
刊行頻度 月刊(毎月22日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 (日本語)
定価 490円(月刊DMM、2000年7月号 - 8月号)290円(2000年9月号 - [15]
298円( - 2016年)
350円(月刊FANZA、2018年10月号 - 2020年2月号)
398円(2020年3月号 - )
出版社 ジーオーティー
編集人 葉月耕市郎(月刊DMM)
大木浩一(2018年10月号)[16]
雑誌名コード 06439
刊行期間 月刊DMM、2000年7月号 - 2018年9月号
月刊FANZA、2018年10月号 -
テンプレートを表示

2018年8月(2018年10月号)に創刊したアダルトビデオ情報誌。発売元はジーオーティー。編集はサイバーキッズ[17]。雑誌コード06439。キャッチコピーは「世界一のAVマガジン」。継続前誌(雑誌コード)は2000年に創刊し2018年9月号を持って刊行終了となった月刊DMMであるがJP番号は別のものが振られている。月刊DMM創刊時のキャッチコピーは「男のエンターテインメントマガジン」。

主な連載コーナー[編集]

HATSUMONO!
新人AV女優インタビュー及びデビュー作の新作レビュー。
人気女優NOW!
AV女優インタビュー、またおもに企画単体女優[18]の新作を女優別にまとめてレビュー。単体女優のレビューは後述のUARに掲載。
オールジャンルアダルト直送便 FANZAサイトEXPRESS
アダルトビデオ、アダルトゲーム、動画、電子コミック、オンラインゲームの各ジャンルの情報を各々コンパクトに届ける。
FANZA RANKING
FANZAサイト内の売り上げランキングを作品、女優別など3カテゴリーを抜粋紹介。概ね雑誌発売3か月前のウィークリーランキングを掲載。
新作サクサク
発売日程スケジュールをメーカー別に掲載。月刊DMM時代から唯一継続するコーナー。
感服!愛しの女優様
ラッシャーみよしによるコラム。
紙のVRAV
東風克智によるコラム。
男のファン座
読者投稿コーナー 投稿はハガキおよび封書のみ受け付けている。担当は編集部・爆シコタケちゃん。
UAR The Ultimate Adult Review 究極アダルトレビュー
7~9名のレビュアーが担当するレビューコラム。女優、構成、総合の3項目を100点満点で採点。単体作品、企画作品を問わず毎号約150作品をレビュー。
俺たちの自腹AV
レビュアーを含む“AV猛者”が毎回自腹購入作品をレビュー。2020年6月号より「あの素晴らしいAVをもう一度」にリニューアル。通常レビューとの違いを明確にするため、作品は「廃番になっていない準新作、旧作」を対象とする。初回担当は沢木毅彦、東風克智。
INFORMATION & PRESENT
AVにまつわるトークショーやイベントのレポート、書籍発売のニュースなどをコンパクトにまとめたコーナー。プレゼントコーナーも兼ねる。

過去の連載コーナー[編集]

USU-V NEWS
月刊DMM時代に連載された薄消しビデオ紹介コーナー

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『DMM.R18』から『FANZA』へ システム運用構築はDMMが継続で合意”. PR TIMES. 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ a b 成人向け事業を分社化 株式会社デジタルコマースを設立”. PR TIMES. 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ ABOUT FANZA”. DMM. 2018年8月9日閲覧。
  4. ^ INPIT. “商標出願・登録情報(インフォメーション画面)|J-PlatPat” (日本語). www2.j-platpat.inpit.go.jp. 2018年8月20日閲覧。
  5. ^ KAI-YOU.net (2018年8月16日). “「DMM.R18」から「FANZA」へ 世界No.1のデザイン企業が挑むアダルトなリブランディング”. 2018年8月20日閲覧。
  6. ^ 集英社「週刊プレイボーイ」2018年No.38 158-160頁
  7. ^ 官報 平成30年1月31日 本紙第7193号 30頁 吸収分割公告
  8. ^ 成人向けコンテンツブランド『DMM.R18』は8月1日(水)より新名称『FANZA』に変わりました”. ValuePress. 2018年8月9日閲覧。
  9. ^ FANZAライブチャットにて バーチャルライブチャットフロア(β)をOPEN バーチャルキャラクターに特化したライブチャットを提供開始”. valuepress. 2021年6月18日閲覧。
  10. ^ FANZA動画、980円(税抜)で15万本以上のアダルト動画が30日間見放題になる定額サービス「見放題chベーシック」をリリース~視聴コードの販売を開始~”. valuepress. 2021年6月18日閲覧。
  11. ^ FANZA動画、4Kアダルト動画の販売を開始 ~対象作品100本以上~ 販売開始日:2020年11月4日(水)~”. valuepress. 2021年6月18日閲覧。
  12. ^ 【重要】一部商品取り扱い、月額チャンネル終了のお知らせ”. FANZA 動画配信サービスからのお知らせ (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  13. ^ 【重要】一部メーカー販売終了のお知らせ”. FANZA FANZA通販からのお知らせ (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  14. ^ FANZAライブチャットにてバーチャルフロアが正式OPEN! 安定した24時間稼働と業界最大級のバーチャルチャットガールが在籍 2021年12月7日(火)より”. valuepress. 2021年12月19日閲覧。
  15. ^ 安田理央「日本エロ本全史」太田出版(2019年7月)242頁
  16. ^ 安田理央「日本エロ本全史」太田出版(2019年7月)272頁
  17. ^ アダルト雑誌って誰が買うの? ベテラン編集者が語る意外な需要と仕事の矜持|新R25 - 20代ビジネスパーソンのバイブル” (日本語). 新R25. 2019年2月2日閲覧。
  18. ^ まとめてレビューするコンセプトから、専属女優でも複数のメーカーを掛け持ちする場合は含まれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]