風間火月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風間火月 プロフィール

  • 初出作品サムライスピリッツ 天草降臨
  • 流派:風間流忍術+我流
  • 出身地肥前国 渡橋の下
  • 生年月日明和七年 七月二十一日 申の刻
  • 身長: 
    五尺八寸(〜斬魔伝)
    五尺七寸(零)
  • 体重:十八貫目
  • 三体数:不明
  • 血液型:AB型
  • 武器銘朱雀忍刀
  • 好きなもの牡丹
  • 嫌いなもの毛虫
  • 特技:大食い
  • 特技:大食い
  • コンプレックス: 
    兄貴を越えられないこと(天)
    兄に対する劣等感(ポリ)
    手合わせで兄貴に勝てないこと(零)
  • 尊敬する人:師匠
  • 剣の道について: 
    熱い戦いは勝っても負けても気持ちがいい(天)
    熱き闘志(ポリ)
    燃え尽きるぐらい熱くなれればそれでいい(零)
  • 平和を感じるとき:葉月の飯を食っているとき
  • 好みのタイプ:葉月
  • 関連キャラクター風間蒼月、炎邪

風間 火月(かざま かづき)は、SNKSNKプレイモア)の対戦型格闘ゲーム『サムライスピリッツ』シリーズに登場する、架空の人物。

この項目では彼と関係が深い、炎邪(えんじゃ)についても説明する。

概要[編集]

サムライスピリッツ 天草降臨』で初登場したプレイヤーキャラクター。同じく新参キャラクターの風間蒼月とは兄弟関係にあたる。風間流忍者であり、炎系の技を使う。戦闘中は腰の忍刀・朱雀に炎が纏われている。刀を手放すと火の技が一切使用出来なくなる。またリーチが短い為、基本的に接近戦を主体とする。

キャラクター設定では、外見は炎のように逆立った髪や眉に大きな口から覗く牙のような八重歯、大きなつり目の下瞼に隈取のような黒いアイラインが特徴。ものすごくはっきりと感情を顔に出し、よく怒りもするが、情に厚いキャラクターである[1]。その名の通り熱い性格で、戦闘中はほぼ叫んでいる。真っ赤な見た目も性格も目立ちやすい為、一見忍者には見えない。また怒りやすい性格から戦闘中の「怒りゲージ」が全キャラの中でも溜まるのがかなり早いが、その分持続時間は短く設定されている(怒りやすく冷めやすい)。

性格は猪突猛進的で、忍者に必要な冷静さに欠けている。その性格ゆえに、ある事件(下記参照)により兄とは対立する立場になってしまう。

ほぼ全てにおいて兄の蒼月とは正反対のキャラクター設定である。赤がイメージカラーの火月に対して青がイメージカラーの蒼月、火月の火使いに対して蒼月の水使い、接近戦を得意とする火月に対して遠距離戦が得意な蒼月、猪突猛進で表情変化の激しい火月に対して冷静沈着でほぼ無表情な蒼月と対のようになっており、顔も全くタイプが異なるが、身に着けている衣装が全く同じ形(『侍魂』から火月のみ炎の模様が衣装に入っている)ということと、どちらもツリ目という所は共通している。

家族構成は蒼月の他に、葉月という妹がいる。葉月は『天草降臨』の際に天草四郎時貞壬無月斬紅郎制御の為に攫われ、火月は妹を助ける為に抜け忍とならざるを得なくなる。これをきっかけに、蒼月とは抜け忍・追い忍の関係になる。

『SAMURAI SPIRITS 〜侍魂〜』では、風の便りで人形師のことを耳にして、養父のことを思い出す。養父が任務で「謎の人形師と遭遇した」という報告を最後に消息を絶っていたためである。養父を探すために、再び「朱雀」を取り、人形師を追って旅に出る。エンディングでは養父が人形師(=壊帝ユガ)に殺されていたことが判明して、号泣するところで終わっている。

『SAMURAI SPIRITS 2 〜アスラ斬魔伝〜』では、修羅と羅刹でストーリーが若干違ってくる。修羅では、妹・葉月が壊帝ユガにさらわれたので、取り戻すために旅立つ。羅刹では、力を求めるあまり「朱雀」の力(後付け設定ではあるが、この朱雀の力の源が後述の「火月の体内に封印された炎邪」ということになる)に支配されて暴走し、「炎邪火月」として戦う。この時の火月の自我はほとんどなく、本能で行動する。エンディングでは、葉月を助け出し「朱雀」の力をねじ伏せることに成功する。その後「朱雀」を捨てて、葉月と静かに暮らすことを選んだ。

パラレル設定の『サムライスピリッツ 天下一剣客伝』でも攫われた葉月を助けるために抜け忍となるが、その際に成り行きで炎邪と水邪を倒したことによって大手柄となり、再び里に住めるようになった。

『真説サムライスピリッツ 武士道烈伝』のネオジオCD版の緋雨閑丸を主人公としたおまけシナリオでは、本編に登場しない火月が蒼月に追われながら通り過ぎるポイントがある。

炎邪[編集]

炎邪 プロフィール

  • 初出作品サムライスピリッツ零
  • 流派:脊髄反射
  • 出身地:魔界
  • 生年月日:不明(千年を越える時を生きているらしい)
  • 身長:五尺七寸
  • 体重:十八貫目
  • 三体数:不明
  • 血液型:魔界AB型
  • 武器銘:或那(アグニ)の鎖
  • 好きなもの:ドグゴラァ!!!
  • 嫌いなもの:グガアァッ!?
  • 特技:ボッッゴラァ!!
  • 特技:ボッッゴラァ!!
  • コンプレックス:ゴウゥッ!?
  • 尊敬する人:グォオオッォオオオ!!!
  • 剣の道について:ジョラジョアラァ!!
  • 平和を感じるとき:ヴァーハッハッハッハッハ!!!
  • 好みのタイプ:ゴゥルアアアァァァァァァ!!
  • 関連キャラクター:風間火月、水邪劉雲飛

『アスラ斬魔伝』の炎邪火月が元になっているが、設定上は別の存在である。ただし、上述の通り後付ではあるが、暴走した朱雀の力が朱雀に封印された炎邪の力であるということから、炎邪と「炎邪火月」は無関係な存在ではない。

サムライスピリッツ零』以降は炎邪として、火月とは完全に独立したプレイヤーキャラクターとして操作する事が出来る。火月よりも輪をかけて怒り状態になりやすく、その口からはまるで言葉として意味をなさないような怒号を発する(元は人間であるため、もちろん人語は理解できるが本能の赴くままに行動しているので人語を話さないだけ)。なお、水邪は炎邪の発言した内容を理解出来るようである。

ちなみにゲーム上でも、『零』以降はシリーズを通して怒りゲージの上昇率が全キャラクター中トップであり、その反面、瞑想によるゲージ変換効率は最低である(『天下一剣客伝』の剣スピリッツ以外)。

『零』のエンディングでは火月の肉体を乗っ取るも、兄・蒼月の剣技と妹・葉月の「封魔の力」によって、火月の身体に入ったまま封印される。

『天下一剣客伝』では、水邪ともども劉雲飛のかつての弟子であったことが明かされている。闇キ皇(くらきすめらぎ)の力を目の当たりにして、その後に魔界に下り人外の存在と化したという。炎邪サイドのエンディングでは、念願の火月の身体を乗っ取り、世界を破壊した。火月サイドのエンディングでは、再び封印された。

技の解説[編集]

風間火月[編集]

必殺技[編集]

焦熱魂
炎の弾を撃つ技。災炎によってパワーアップする(災炎の数による段階調節が可能)。
大爆殺
相手を捕まえ爆発させ炎上させる技。災炎によってパワーアップする(災炎の数による段階調節が可能)。
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 』の志々雄が良く似た技を使用。作者いわく「もろに大爆殺です」[2]
災炎
火月の周りに火の玉を発生させる技。この火の玉があると一部の必殺技を強化することができ、3つまで発生させられる。近年の作品では火の玉が増えるのではなく、徐々に大きくなっていく。
炎滅
火月自身がその場で爆発し相手を巻き込む技。ただしこれは偽者であり、火月自身は他の場所に移動している。『天下一剣客伝』では相手に攻撃されると爆発する当て身打ち技になっている。
炎返し
攻撃を受けた際に災炎を相手に飛ばして攻撃する技。災炎は全て消費してしまう。
不動撃
灼熱地獄・命門
灼熱地獄・暴爆
地龍炎
肘打炎迅掌
炎熱獄
絶焼騎馬式 噴虎
炎皇転身
『アスラ斬魔伝』(羅刹)の構え変更。発動させると通常技が変わる上に、相手に攻撃されても仰け反らなくなる。
火炎撃
後述の「暴爆 火炎撃」の弱化版。災炎によってパワーアップする(災炎の数による段階調節が可能)。
猛炎脚
『天下一剣客伝』で追加された技で、飛び回し蹴りからそのまま空中で連続踏み付けを決める。

武器飛ばし技など[編集]

暴爆 火炎撃
炎を纏って突進する技。
『天草降臨』の修羅の武器飛ばし必殺技。
炎邪覚醒
自分を中心に太い火柱を発生させる技。火柱の中心にはまるで獣のような火月のシルエットが見て取れる。
『天草降臨』の羅刹の武器飛ばし必殺技。『天下一剣客伝』では火月の武器飛ばし必殺技となった。
『侍魂』では全く別の技となっている。
大炎上
自分を中心に大爆発を起こす技。
『侍魂』『アスラ斬魔伝』(修羅)の秘奥義。
狂覚醒
大きく天を仰ぎ、力を蓄える技。レバーとボタンの組み合わせで叫・吼・嘲・喘・咽・呻に派生可能。
『アスラ斬魔伝』(羅刹)の秘奥義。
挟撃 火達磨大突進
災炎から炎の分身を作り出し、分身と同時に暴爆 火炎撃で突進し、炎滅で相手を爆発させる技。
『零SPECIAL』の絶命奥義。
極大災炎
3回分の災炎を一度に発生させる技。この際攻撃判定も発生する。
『天下一剣客伝』の秘奥義。

炎邪[編集]

元は羅刹火月なので、修羅火月と共通の技も持つ。

必殺技[編集]

愚連脚
頭を下にして飛び上がりつつ相手を蹴り上げる技。追加入力によりヒット数を増やすことが可能。
火月は『天草降臨』でのみ使用。
六道烈火
スライディング攻撃から始まる連続攻撃。次々と連続入力が必要。しかし入力は特定のタイミングで行わないと天道が発生しない上に大きなスキが発生する。だが天道が決まった際の威力には目を見張るものがある。
『天草降臨』では、餓鬼道をキャンセルして武器飛ばし技・連ね斬りを出すことができた。
攻撃それぞれに技名がついており、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道と六道に由来している。ただし、コマンド上は地獄道・餓鬼道・天道の3つのみになっており、天道に畜生道・修羅道・人道が含まれている。
火月は『天草降臨』〜『アスラ斬魔伝』まで使用。『侍魂』と『アスラ斬魔伝』では祓・爆・滅の3つから成り、怒り状態で前述の六道となる。
炎滅
火月のものと同じ技。ただし『天下一剣客伝』では従来の性能を引き継いでいる。
絶焼 全焦土
『天下一剣客伝』で追加された技。炎を纏った腕を横殴りに叩き付ける。発生が遅い分、予備動作中に攻撃を受けても仰け反らないという、システム技の超斬りに似た性能。

武器飛ばし技など[編集]

炎邪爆熱
炎邪の武器飛ばし必殺技。動作としては火月の「炎邪覚醒」とほとんど同じもの。
発動中に全ボタン同時押しで動作をキャンセルすることができ、全ヒットさせるより初撃でキャンセルした方がダメージが高くなる。
三千大千世界全焦土
『零SPECIAL』の絶命奥義。
突進して相手を掴みあげ、自分もとろも巨大な炎の柱に巻き込み焼き尽くす。くらった相手は消し炭になり死体も残らないが、炎邪自身は全くの無傷のまま勝利ポーズに移る。
紅蓮黒縄
『天下一剣客伝』の秘奥義。
勢いよく上空へと愚連脚で飛び上がり、蹴り上げた相手を最後に空中から叩き付ける。

登場作品[編集]

  • サムライスピリッツ 天草降臨(火月)
  • SAMURAI SPIRITS 〜侍魂〜(火月)
  • SAMURAI SPIRITS 2 〜アスラ斬魔伝〜(火月、炎邪(羅刹火月である炎邪火月))
  • サムライスピリッツ零(火月、炎邪)
  • サムライスピリッツ零 SPECIAL(火月、炎邪)
  • サムライスピリッツ 天下一剣客伝(火月、炎邪)
  • サムライスピリッツ閃(火月)
  • 真説サムライスピリッツ 武士道烈伝(ネオジオCD版のみ火月がエキストラ登場)

声の出演[編集]

風間火月[編集]

炎邪[編集]

  • 大畑伸太郎(零〜)
  • 山西惇(『サムライスピリッツ六番勝負』の『天下一剣客伝』、オプションで切り替え後)

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 侍魂〜サムライスピリッツ〜完全攻略マニュアル
  2. ^ 『るろうに剣心』に関して言えば、「人誅編」の登場人物である戌亥番神は火月をモチーフにしたキャラクターだと和月がコメントしている。