牛魔王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛魔王(ぎゅうまおう)は、中国雑劇元曲『二郎神醉射鎖魔鏡[1]』や四大奇書西遊記』に登場する魔王。号は平天大聖(へいてんたいせい)、大力王(たいりきおう)と言う別称を持つ。

二郎神醉射鎖魔鏡[編集]

雑劇二郎神醉射鎖魔鏡では、九首牛魔羅王(牛魔王)といい顕聖二郎真君太子とのエピソードに登場する。

西遊記[編集]

悟空たちと戦う牛魔王

西遊記では、第一夫人は翠雲山の羅刹女(鉄扇公主)、積雪山の玉面公主(万年狐王の娘)が第二夫人。主人公の孫悟空(美猴王 / 斉天大聖)とかつては義兄弟の仲で、長兄として天界に歯向かったが、のちに三蔵法師の弟子となった孫悟空に息子の紅孩児観音菩薩の弟子にされ、猪八戒に玉面公主を殺され、芭蕉扇を巡って孫悟空と太子をはじめとする天界の将と戦った。孫悟空と義兄弟時、平天大聖と自称していた。本相(正体)は体長1,000(3,330m)、体高800丈(2,666m)の白牛。

彼の弟である如意真仙という妖仙が西梁女国にいる。

武器は混鉄棍、外出時には避水金晶獣に乗る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 二郎神醉射鎖魔鏡” (中国語(繁体字)). 2010年5月14日閲覧。

関連項目[編集]