藤咲えり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤咲 えり(ふじさき えり、3月20日[1] - )は、日本歌手。元宝塚歌劇団宙組の娘役スター[2]

兵庫県芦屋市[1]甲南女子高等学校出身[1]。身長160㎝[1]。愛称は「エリ」、「ふじ」[1]

来歴[編集]

2003年4月、宝塚音楽学校入学。

2005年3月、宝塚歌劇団に91期生として入団[2]。入団時の成績は5番。花組公演「マラケシュ・紅の墓標エンター・ザ・レビュー」で初舞台。その後、宙組に配属。

音楽学校時代から歌唱力に定評があり、歌劇団入団後も早くから歌手として起用される[2]

2009年、大空祐飛野々すみ花トップコンビ大劇場お披露目となる「カサブランカ」で、新人公演初ヒロイン。

2012年、「仮面のロマネスクApasionado!!Ⅱ」(中日劇場公演)で、自身念願のトゥールベル夫人役を演じ、「娘役人生を全うした」として、その後の「華やかなりし日々/クライマックス」東京公演千秋楽をもって、大空祐飛・野々すみ花トップコンビと共に宝塚歌劇団を退団[2]

現在は後進に歌やダンスを教えながら、自らもライブやコンサート活動を行っている[2]

人物[編集]

実妹は雪組男役の久城あすである[3]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2005年3〜5月、花組『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』(宝塚大劇場のみ)

宙組時代[編集]

  • 2006年8月、バウホール『UNDERSTUDY』ケイト・ラドクリフ
  • 2006年11月 - 2007年2月、大劇場『維新回天・竜馬伝! -硬派・坂本竜馬III-/ザ・クラシック』新人公演:幾松(本役:音乃いづみ
  • 2007年3月、バウホール『ハロー!ダンシング』
  • 2007年6月 - 9月、大劇場『バレンシアの熱い花/宙FANTASISTA!』新人公演:シルヴィア(本役:美羽あさひ
  • 2007年11月、バウホール『THE SECOND LIFE』アイラ
  • 2008年2月 - 5月、大劇場『黎明の風/Passion 愛の旅』吉田和子(陽月華休演に伴う配役変更)/新人公演:東京ローズ(本役:美風舞良
  • 2008年7月、バウホール『殉情』お蘭 *Bチーム
  • 2008年10月 - 12月、大劇場『Paradise Prince/ダンシング・フォー・ユー』キム/新人公演:ヴィクトリア(本役:美羽あさひ)
  • 2009年4月 - 7月、大劇場『薔薇に降る雨/Amour それは…』新人公演:カミーラ(本役:鈴奈沙也
  • 2009年8月 - 9月、バウホール・赤坂ACTシアター逆転裁判2 -蘇る真実、再び…-フランジスカ・ヴォン・カルマ(ゲーム版:狩魔冥)
  • 2009年11月 - 2010年2月、大劇場『カサブランカ』女、新人公演:イルザ・ランド(本役:野々すみ花*新人公演初ヒロイン
  • 2010年3月 - 4月、シアタードラマシティ・日本青年館『シャングリラ -水之城-』霙(ミゾレ)
  • 2010年5月 - 8月、大劇場『TRAFALGAR(トラファルガー)/ファンキー・サンシャイン』ジゼラ/新人公演:フランシス・ネルソン(※ファニー、本役:花影アリス
  • 2010年9月、バウホール・昭和女子大学人見記念講堂蘭寿とむコンサート・“R”ising!!』
  • 2010年11月 - 2011年1月、大劇場『誰がために鐘は鳴る』ファニータ、新人公演:ローサ(本役:純矢ちとせ
  • 2011年3月、蘭寿とむディナーショー 『MUGEN!』
  • 2011年5月 - 8月、大劇場『美しき生涯 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-』新人公演:さぎり(本役:純矢ちとせ)/『ルナロッサ -夜に惑う旅人- 』
  • 2011年10 - 12月、大劇場『クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-/NICE GUY!!-その男、Yによる法則-』施設の女職員、新人公演:クラウディア・ロレンツォ侯爵夫人(本役:五峰亜季
  • 2012年2月、中日劇場『仮面のロマネスクApasionado!! II』トゥールベル法院長夫人
  • 2012年4月 - 7月、大劇場『華やかなりし日々』ジョセフィン・コーエン/『クライマックス -Cry-Max-』 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2012年度版』 阪急コミュニケーションズ、2012年、125頁。ISBN978-4-484-12506-0。
  2. ^ a b c d e 藤咲えりディナーショー「Sincere」宝塚ホテルで開催薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス
  3. ^ 『母娘・姉妹ジェンヌ一覧/宝塚おとめ2019年度番』宝塚クリエイティブアーツ、97頁。

外部リンク[編集]