北村寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北村 寿夫(きたむら ひさお、1895年1月8日 - 1982年1月3日)は、脚本家児童文学作家東京出身。本名・寿雄。早稲田大学中退。小山内薫に師事し、『劇と評論』同人となる。1936年NHK文芸部主事。戦後1952年から「白鳥の騎士」に始まる「新諸国物語」を五年連続してラジオ放送し、「笛吹童子」「紅孔雀」などがヒットして映画化もされた。

二男は画家の北村芳文(きたむら よしふみ、別名:花船長、1943年5月12日 - )。

代表作[編集]

著書[編集]

  • 『幻の部屋』改造社 1924
  • 『蝶々のお手紙』児童図書館叢書 第24編 イデア書院 1925
  • 『おもちや箱』児童図書館叢書 第23篇 イデア書院 1925
  • 『淡彩の処女』新潮社 (新興芸術派叢書 1930
  • 『源爲朝』講談社の繪本 1937
  • 『日本童話集 百合若大臣 外五篇』講談社の繪本 1937
  • こっとん爺さん物語 漫画童話集 岡倉書房 1940
  • 『夢多き日に』万里閣 1940
  • 『髑髏党の秘密』淡海堂 1942
  • 『公子ホンブルグ』健文社 1942
  • 『古城淡月の歌 ラジオ作品集』岡倉書房 1942
  • 『東方の鷹』健文社 1943
  • 『いろはにほへと 素人に出来る脚本』翼賛図書刊行会 1943
  • 『素人演劇脚本集』印刷局(公民館シリーズ 1947
  • 『黄金十字城 伝奇冒険小説』至元社 1948
  • 『お猿とお芋』麗明書院 1948
  • 『あけぼのゝ鐘』ポプラ社 1949
  • 『母の湖』ポプラ社 1950
  • 『楽聖ベートォヴェン』むさし書房 1950
  • 『母の小夜曲』ポプラ社 1953
  • 『白骨島の秘密』ポプラ社 1953
  • 『新諸国物語 白鳥の騎士』宝文館 1953
  • 『新諸国物語 笛吹童子』宝文館 1953
  • 『北村寿夫童話選集 初級用』宝文館 1955
  • 『三日月童子』鶴書房 1955
  • 『新諸国物語 紅孔雀』宝文館 1954-55
  • 『新笛吹童子』宝文館(新諸国物語外伝シリーズ) 1955
  • 『北村寿夫童話選集 中級用』宝文館 1955
  • 『北村寿夫童話選集 上級用』宝文館 1955
  • 『マリヤ観音』宝文館 1956
  • 『新諸国物語 オテナの塔 1』宝文館 1956
  • 『変幻胡蝶の雨』桃源社 1958
  • 『新諸国物語 白鳥の騎士』日本放送出版協会 1977
  • 『新諸国物語 笛吹童子』日本放送出版協会 1977
  • 『新諸国物語 七つの誓い』日本放送出版協会 1977
  • 『新諸国物語 オテナの塔』日本放送出版協会 1977
  • 『新諸国物語 紅孔雀』日本放送出版協会 1978
  • 『新諸国物語 完全版』全2巻 作品社 2010

脚注[編集]