ハッピーエンド物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハッピーエンド物語』(ハッピーエンドものがたり)は宝塚歌劇団の作品。雪組公演[1]

宝塚の併演作品は『ブルー・ジャスミン』 -砂漠の愛-[2]、東京、中日劇場は『うたかたの恋[3]』。

公演期間と公演場所[編集]

概要[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)[2]』の宝塚公演のページを参照。「()」の人物は宝塚公演の配役。

映画スタジオを舞台に、様々なエピソードをショー形式で描いた作品。大部屋俳優のチャーリー・ドロップリン(麻実れい)が、メアリー・キャラメーズ(遥くらら)という皆の憧れの映画スターに一途に恋をして、最後は結ばれるというストーリー。だが、どこまでが現実で、どこまでが映画の話なのか・・・?。映画と現実、現実と夢、それらがまるで実人生のように絡み合ったショー作品。全体を都会的感覚のコミックで綴っている。

宝塚大劇場公演のデータ[編集]

形式名は「ショー・コミック[2]」。14場[2]

スタッフ(宝塚大劇場公演)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 154、216、267.
  2. ^ a b c d e f 100年史(舞台) 2014, p. 154.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 216、267.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 216.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 267.
  6. ^ a b c d e 100年史(人物) 2014, p. 200.
  7. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 201.

参考文献[編集]