鳴海じゅん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なるみ じゅん
鳴海じゅん
生年月日 2月13日
出生地 日本の旗京都府宇治市
血液型 A
職業 歌手女優
ジャンル 舞台
公式サイト 鳴海じゅんブログ

鳴海 じゅん(なるみ - 、2月13日 - )は、京都府宇治市出身の歌手女優。所属先は株式会社ラ ジュネス企画。元宝塚歌劇団星組男役

身長168cm。聖母女学院高等学校出身、愛称はなるみん(芸名に由来)。

来歴・人物[編集]

1994年第80期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は39人中2番[1]。花組公演『ブラック・ジャック 危険な賭け/ 火の鳥』で初舞台。

1995年1月9日[1]月組に配属。

2000年、星組に組替え。

2003年3月23日[1]、『ガラスの風景』/『バビロン -浮遊する摩天楼-』の東京公演千秋楽を最後に当時のトップコンビ・香寿たつき渚あき、男役・夢輝のあ朝澄けいらとともに退団。

退団後は、舞台やライブなどを中心に活動している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

組回り・配属前[編集]

  • 1994年6月、『若き日の唄は忘れじ』新人公演:北村(本役:大洋あゆ夢)/『ジャンプ・オリエント』(東宝)

月組時代[編集]

  • 1995年10月、『ある日どこかで』(バウ・東京特別)クラーク
  • 1996年12月、『バロンの末裔』新人公演:ジェラルド(本役:大峯麻友)/『グランド・ベル・フォリー
  • 1997年6月、『EL・DRADO』新人公演:カシム(本役:成瀬こうき
  • 1997年8月、『FAKE LOVE -愛しすぎず 与えすぎず-』(バウ・東京特別・名古屋特別)バーソロミュー
  • 1997年12月、『ワン・モア・タイム! -グッバイ・ペパーミントナイト! partⅡ-』(バウ)めかし屋トニー
  • 1998年2月、『WEST SIDE STORY』スノー・ボーイ、新人公演(東宝):リフ(本役:初風緑
  • 1998年7月、『永遠物語』(バウ・東京特別)夏介
  • 1998年9月、『黒い瞳』新人公演:マクシーム伍長(本役:樹里咲穂)/『ル・ボレロ・ルージュ
  • 1998年11月、『LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-』(バウ)
  • 1999年3月、『から騒ぎ』(バウ)ライト
  • 1999年5月、『螺旋のオルフェ』/『ノバ・ボサ・ノバ』ピエロ、新人公演:オーロ(本役:紫吹淳
  • 1999年7月、『十二夜 -またはお望みのもの-』(バウ)アントーニオ
  • 1999年12月、『プロヴァンスの碧い空』(シアタードラマシティ)エリイ・ドルヴェ
  • 2000年2月、『LUNA-月の伝言-』スコット、新人公演:ハリー(本役:初風緑)/『BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-
  • 2000年8月、『LUNA-月の伝言-』スコット/『BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-』(博多座)

星組時代[編集]

  • 2000年10月、『黄金のファラオ』シャヌーン/『美麗猫』(全国ツアー)
  • 2001年1月、『花の業平 -忍ぶ乱れ-』序詞役/『夢は世界を翔けめぐる -THE WORLD HERITAGE 2001』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-』メルキオール
  • 2001年6月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ジョージ
  • 2001年10月、『星組 エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2002年2月、『花の業平 -忍ぶ乱れ-』序詞役/『サザンクロス・レビューⅡ』(中日)
  • 2002年4月、『プラハの春』ハインツ/『LUCKY STAR』
  • 2002年9月、『ヴィンダーガルデン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-』(バウ・東京特別)カルンステン・メッツェルダー
  • 2002年11月、『ガラスの風景』ジョバンニ/『バビロン -浮遊する摩天楼-』 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台[編集]

  • 2003年7月、TWINS~二人のライザ (菅原道則 演出)
  • 2003年8月、小美代姐さん花乱万丈 (鴨下信一 演出)
  • 2004年1月、Show Up Musical 「DOKI DOKI Night」 (上島雪夫 演出・振付)
  • 2004年4月、<望作>ハムレット (北條馨梨 脚本・演出)
  • 2004年5月、ZAPing エンターテイメントシアター AUΛA~アウラ~ (杉谷一隆 演出/香瑠鼓 振付)
  • 2004年8月、ミュージカル「森は生きている」 (忠の仁 演出)
  • 2004年11月、REM -2005/1934- (北條馨梨 作・演出・音楽)
  • 2005年2月、レビューショー「DESTINYⅡ」 (神崎順 作・演出)
  • 2005年3月、田中準子プロデュースライブvol.12「ripple star commpanny~愛が微笑む時」 (木川田新 構成・演出)
  • 2005年5月、IZUMI座プロデュースvol.2 「銀座浪漫派物語」 (祭田力 作・演出)
  • 2005年10月、「牡丹燈籠狂想曲」 (早坂暁 作・演出)
  • 2014年1月11日~1月25日、2月13日~2月28日、ハウステンボス歌劇団 洋舞レビュー「LOVE EMOTION~ラブ エモーション~」特別出演 スペシャルゲスト

ライブ・コンサート[編集]

  • 2003年12月、渚あきクリスマスディナーショー
  • 2003年12月、阪急交通社夢組サロン ソング&トーク
  • 2004年3月、レビューの街・宝塚 みんなで歌おうコンサート
  • 2004年6月、さらっとごはんライヴin MIKIO ISHII
  • 2004年7月、東京オペラシティ ランチタイムコンサート
  • 2004年9月、Autumun Dinner Show (ゲストヴォーカル:北條馨梨)
  • 2004年12月、中条まり&鳴海じゅん クリスマス・バーニングナイト・ディナーショウ
  • 2004年12月、鳴海じゅん ディナーライブ~Memorys of 宝塚~
  • 2005年2月、北條馨梨feat.鳴海じゅん LIVE-2005 Vol.1
  • 2005年5月、「MYU CALL -Birthday Edition-」(ゲスト出演)
  • 2005年8月、 安城志紀コンサート 2005 in AYABE(ゲスト出演)
  • 2005年10月、阪急交通社 第12回夢組サロン「真山葉瑠・祐輝薫・鳴海じゅんトリプルトークショー」
  • 2006年6月、田中準子プロデュースライブvol.16「ripple blue star commpanny~縁」
  • 2007年5月、 FM宝塚・J:COM宝塚川西 公開放送&ミニコンサート
  • 2007年6月、「鳴海じゅんディナーショー」 ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
  • 2007年8月、「夢輝のあディナーショー」 (ゲスト出演) ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
  • 2007年9月、「バーニングナイト vol.2」東京・赤坂 ノヴェンバー・イレブンス1111
  • 2010年2月、懐かしの宝塚・イブニングコンサート 宝塚ホテル *同期生の毬穂えりなと出演

テレビ[編集]

  • 宝塚プルミエール・真飛聖スペシャル - ゲスト (2011年6月24日、WOWOW

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P.106。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]