スイート・タイフーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スイート・タイフーン』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。雪組[1][2][3]公演。宝塚の本公演における形式名は「ショー[1]」。宝塚・東京の本公演は20場[1][2]。作・演出は三木章雄[1][2]。宝塚・東京における併演作品[1][2]は『花幻抄』と『恋さわぎ』。

公演期間と公演場所[編集]

解説[編集]

※宝塚100年史(舞台編)の宝塚大劇場公演[4]参考。

若々しい風のエネルギーが世界に広がって、様々な出来事を引き起こし、人々の心に希望や喜びを与える作品。風、翼、雲、光、希望、夢といった、上演するもの、飛び立つものをイメージしたショーで、雪組の熱いエネルギーが舞台いっぱいに溢れる作品。日本国外の公演試作品として上演。

スタッフ(本公演)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役[編集]

本公演[編集]

宝塚

東京の変更点[2]

新人公演[編集]

宝塚[3]

  • 風の青年S、プリンス、ダンディ、鳳凰 - 轟悠
  • 王子様 - 多彩しゅん
  • バード女S - 朝霧舞
  • 白雪姫 - 五峰亜季
  • 海賊 - 矢吹翔
  • 貴族の男 - 有未れお
  • 風の娘S、淑女S、鳳凰 - 五条まい
  • 歌手、風の青年S、紳士、バードの男 - 和央ようか
  • 令嬢S - 渚あき
  • バラの精、ピエロ、極楽鳥 - 宝樹彩
  • 極楽鳥 - 高倉京

東京の変更点

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 80年史 1994, p. 346.
  2. ^ a b c d e f g 80年史 1994, p. 348.
  3. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 350.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 166.
  5. ^ 80年史 1994, pp. 346-347.
  6. ^ a b c d e f 80年史 1994, p. 347.
  7. ^ 80年史 1994, pp. 350-351.
  8. ^ a b 80年史 1994, p. 351.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3