フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランツ・フェルディナント
Franz Ferdinand
エスターライヒ=エステ家
Ferdinand Schmutzer - Franz Ferdinand von Österreich-Este, um 1914.jpg
フランツ・フェルディナント大公(1914年)
称号 エスターライヒ=エステ大公
全名
出生 1863年12月18日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国グラーツ
死去 1914年6月28日(満50歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
Flag of Bosnia (1908-1918).svg ボスニア・ヘルツェゴビナサラエヴォ
埋葬 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国、アルトシュテッテン、アルトシュテッテン城
配偶者 ゾフィー・ホテク
子女
父親 カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒ
母親 マリア・アンヌンツィアータ・フォン・ネアペル=ジツィリエン
サイン Archduke Franz Ferdinand of Austria Signature.svg
テンプレートを表示

フランツ・フェルディナント・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲンドイツ語: Franz Ferdinand von Habsburg-Lothringen, 1863年12月18日 - 1914年6月28日)は、オーストリア=ハンガリー帝国皇位継承者エスターライヒ=エステ大公Erzherzog von Österreich-Este)。サラエヴォでセルビア人民族主義者によって暗殺された(サラエボ事件)。

生涯[編集]

皇位継承者指名まで[編集]

父カール・ルートヴィヒ大公、母マリア、フランツ・フェルディナント、弟オットー・フランツ。(1869年撮影)

1863年オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟であったカール・ルートヴィヒ大公両シチリアフェルディナンド2世の長女マリア・アンヌンツィアータの長男としてグラーツで生まれた。

フランツ・フェルディナントはオーストリア皇族であったが、従兄のルードルフ皇太子がいたため、皇位継承の圏外にあった。しかし1889年1月にルードルフ皇太子が情死したため、にわかに皇位継承候補者となった。父カール・ルートヴィヒ大公も存命だったため、正式な皇位継承者はしばらく決定されなかった。[要出典]

1895年、フランツ・フェルディナント大公は当時不治の病とされた結核の疑いがあると診断されていたことから、軍隊の旅団長の地位を降りることを皇帝に申し出た[1]。皇位継承者には弟のオットー・フランツ大公が選ばれるであろうという憶測も流れた[1]。早くもフランツ・フェルディナントに見切りをつけてオットー・フランツに媚びを売る者もいたが[2]南チロルメラーノで療養につとめた結果、フランツ・フェルディナント大公は一年半ほどして健康を回復した[2]

1896年、父カール・ルートヴィヒが死去すると、正式にフランツ・フェルディナントが伯父フランツ・ヨーゼフ1世の皇位継承者として認定されるようになった[3]。結核の療養を済ませたフランツ・フェルディナントは、この頃から政治活動を開始するようになった[3]

結婚[編集]

オーストリア皇室では、フランツ・フェルディナント大公が皇位継承者として認定されるようになるとさっそく結婚話を進めるが、大公にはボヘミアの伯爵家出身でテシェン公フリードリヒの妃イザベラの女官であったゾフィー・ホテクという恋人がいた。当初これは秘密の恋であったが、ある日フランツ・フェルディナントが蓋付き腕時計をテシェン公家に忘れた。当時腕時計の蓋の裏に意中の女性の肖像画を描くのが流行しており、忘れ物を預かったイザベラは、彼が足繁く通うのは長女マリア・クリスティーナに気があるからだと信じて時計の蓋を盗み見たため、ゾフィーとの恋が露呈した。

しかし彼は数少ない皇位継承者であり(ハプスブルク=ロートリンゲン家傍系の大公はテシェン公を含めて数多くいたが、血筋の近いオーストリア皇帝フランツ1世の男系子孫の男子は限られていた)、皇室は次期皇位継承者がチェコ人の女官のような身分の低い女性と貴賤結婚するのに大反対したが、2人はあくまで意思を曲げなかった。このためゾフィーが皇族としての特権をすべて放棄し、将来生まれる子供には皇位を継がせないことを条件に結婚を承認された。ただし、フランツ・フェルディナントが将来皇帝に即位した後もこの誓約を守り続ける意志があったかは定かではない。

1900年7月1日に2人の結婚式は挙行された。しかしその後もゾフィーは冷遇され続け、公式行事においては幼児を含む全ての皇族の末席に座ることを余儀なくされていた。またそれ以外の公の場(劇場など)でも大公との同席は許されなかった。このような複雑な経緯もあって、フランツ・フェルディナントは「皇太子」(Kronprinz)とはあまり呼ばれず、「皇位継承者」(Thronfolger)と遠回しな呼ばれ方をされるようになった。

暗殺[編集]

暗殺時に大公夫妻が乗っていたドッペルフェートングラーフ&シュティフト英語版

チェコ人と結婚しただけあって、フランツ・フェルディナント大公は親スラブ的な傾向があり、その反面で大のハンガリー嫌いだった。政治的思想も親スラヴ的で、皇帝のボヘミア王戴冠による三重君主国への帝国改編を望んでいた時期もあった[注釈 1]。(ドナウ連邦構想を参照)

1914年6月共同統治国ボスニア・ヘルツェゴヴィナ英語版Carska pokrajina u Bosni i Herzegovini)の首府サラエヴォの軍事演習視察に出かけたのもそんな感情からだった。しかし1878年ベルリン会議以来オーストリア=ハンガリーが占領し、1908年には正式に二重君主国に併合されていたボスニア・ヘルツェゴビナにはセルビア人も住んでおり、大セルビア主義者にとってはオーストリア=ハンガリーに侵略された土地だった。ロシアを後ろ盾とする汎スラヴ主義に沸くバルカン半島では、オーストリア大公の来訪は絶好の餌食であった。

1914年6月28日、大公夫妻はサラエヴォの町を流れるミリャツカ川にかかるラテン橋で、民族主義を奉じる「青年ボスニア英語版 (Mlada Bosna, ムラダ・ボスナ)」のメンバーで秘密組織黒手組ボスニア系セルビア人英語版のメンバーだったガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された。時に大公51歳、ゾフィー46歳であった。このサラエボ事件によりオーストリア=ハンガリーがセルビア宣戦布告、これが第一次世界大戦を引き起こすことになる。なお最期の言葉は「ゾフィー、死んではいけない。子ども達のために生きなくては」であった。

フランツ・フェルディナント夫妻の墓(アルトシュテッテン)

大公夫妻の葬儀は2人合同で行われた。貴賤結婚のために、ハプスブルク=ロートリンゲン家の人々が埋葬されるカプツィーナー納骨堂に入れないことを生前から悟っていた夫妻は、居城であったアルトシュテッテン城ドイツ語版内の納骨堂に埋葬された。

日本との関わり[編集]

新橋駅に到着したフランツ・フェルディナント大公を描いた日本の錦絵楳堂小国政画)

結核の療養もかねて、1892年から約1年の歳月をかけて世界一周の見聞旅行に出かけた[4]。その途上で1893年日本を訪れ、ほぼ一か月をかけて長崎から東京まで旅している[4]

箱根において左腕に龍の刺青を彫ってもらっている[5](日本を訪れたら刺青を彫ってもらうのが、当時のヨーロッパの男性王族にとってある種の伝統となっていた[注釈 2])。一説によると、フランツ・フェルディナント大公は胸にも蛇の刺青を彫っており、サラエボ事件ではその蛇の頭が銃弾に貫かれていたという[5]

フランツ・フェルディナント大公はこの時の日本の風物や伝統文化などを詳細に手記に記しており、これは後にまとめられて出版されている。なお、シェーンブルン宮殿にある日本庭園は、日本文化に触れた彼の命令で作られたものである。

子女[編集]

フランツ・フェルディナント大公と妃ゾフィー、子供達

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 死の直前にはハンガリー人の力を削いで、二重君主国をより中央集権的な国家に作りかえ、その中で南スラヴ系住民の地位を引き上げることによってセルビアなどの南スラヴ統一運動を分断させる構想を持っていた。
  2. ^ ロシア皇帝ニコライ2世もイギリス国王ジョージ5世も、皇太子時代の日本訪問時に刺青を入れている[6]。明治時代に日本を訪れた5人の英国王子のうち、少なくとも4人は確実に日本で刺青を彫っている[7]。また、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の弟ハインリヒ皇子にも日本婦人の図柄と思われる刺青があった[6]

出典[編集]

  1. ^ a b 江村(2013) p.316
  2. ^ a b 江村(2013) p.317
  3. ^ a b 江村(2013) p.318
  4. ^ a b 江村(2013) p.312
  5. ^ a b 小山(2010) p.13
  6. ^ a b 小山(2010) p.12
  7. ^ 小山(2010) p.11

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
フランツ・フェルディナント・ゲミニアン
エスターライヒ=エステ大公
1875年 - 1914年
次代:
カール