カール1世 (オーストリア皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール1世
Karl I.
オーストリア皇帝ハンガリー国王
Karl of Austria.jpg
カール1世
在位 1916年11月21日1918年11月12日
戴冠 1916年12月30日、於マーチャーシュ聖堂
全名 Karl Franz Joseph Ludwig Hubert Georg Maria von Habsburg-Lothringen
カール・フランツ・ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フーベルト・ゲオルク・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン
出生 1887年8月17日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ペルゼンボイク=ゴッツドルフペルゼンボイク城
死去 1922年4月1日(満34歳没)
Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャル
埋葬 Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャルノッサ・セニョーラ・ド・モンテ教会
スイスの旗 スイスムーリムーリ修道院(心臓)
配偶者 ツィタ・フォン・ブルボン=パルマ
子女
王家 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 オットー・フランツ・フォン・エスターライヒ
母親 マリア・ヨーゼファ・フォン・ザクセン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カール1世ドイツ語: Karl I.1887年8月17日 - 1922年4月1日)は、オーストリア=ハンガリー帝国最後のオーストリア皇帝およびハンガリー国王(在位:1916年11月21日 - 1918年11月12日)。ハンガリー国王としてはカーロイ4世ハンガリー語: IV. Károly)。オーストリア帝国内ベーメン国王としてはカレル3世チェコ語: Karel III.)。全名はカール・フランツ・ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フーベルト・ゲオルク・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(ドイツ語:Karl Franz Joseph Ludwig Hubert Georg Maria von Habsburg-Lothringen)。

生涯[編集]

ツィタ・フォン・ブルボン=パルマとの結婚式。

1887年、ハプスブルク=ロートリンゲン家の皇族オットー・フランツ・ヨーゼフ大公ザクセン国王ゲオルクの娘マリア・ヨーゼファの長男として、ドナウ河畔のベルゼンボイク城ドイツ語版に生まれる。祖父カール・ルートヴィヒ大公フランツ・カール大公の三男で、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世およびメキシコ皇帝マクシミリアンの弟に当たる。領土であるヴァルトホイツや父オットー・フランツ大公が司令官を務めていたプラハで、とくに母の寵愛を受けて育った。

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の甥で皇位継承者に指名されていた伯父のフランツ・フェルディナント大公は、ベーメンの伯爵令嬢ゾフィー・ホテクと結婚したため、貴賤結婚を認めないハプスブルク家の家法により、その子孫の皇位継承権をすでに放棄していた。そのため、フランツ・フェルディナント大公に次ぐ皇位継承権者は、その甥であるカールと目されていた。

1911年にブルボン家の支流であるパルマ公ロベルト1世の娘ツィタと結婚した。フランツ・フェルディナント大公の貴賤結婚に落胆していたフランツ・ヨーゼフ1世はカールの結婚を歓迎し、長男オットーが生まれた際は随喜の涙を流したという。

カールは早くから軍務に就き、オーストリア陸軍少将まで昇進した。表面的には平穏な日常が続いていたが、1914年サラエボ事件でフランツ・フェルディナント大公夫妻が暗殺されると、正式に皇位継承者に指名される。

即位[編集]

1916年に執り行われたカール1世の戴冠式。皇后ツィタ、皇太子オットーとともに。

1916年第一次世界大戦中にフランツ・ヨーゼフ1世が86歳で崩御し、カールは29歳で皇帝に即位する。1917年2月に同盟国ドイツよりドイツ元帥の称号を贈られた。

フランツ・ヨーゼフ1世の崩御後、オーストリアは急速に戦争終結を志向し始めた。カール1世の第一の関心事は、できる限り好条件で大戦から手を引くことだった。早急に講和を達成することを決意したが、しかし依然として勝利を望んでいたドイツの将校たちの頑強な反対に遭った。オーストリアでは、君主制だけでも救いうる、時機を得た講和を妨げたドイツに対する怒りが増大した。

協商国との和平交渉[編集]

ウィーン宮廷は、ドイツからの分離と協商国との単独講和を考慮し始めた。ハンガリーの外交官やクロアチアの将軍からも皇帝に対して同様の勧告があった。また、ツィタ皇后の一族、すなわちフランスの伝統の中で教育を受け、ドイツに対して憎しみの感情を抱いているブルボン・パルマ家の人々も、オーストリアの単独講和を熱望していた[1]。カール1世自身の気持ちも、ツィタと結婚していたことから、ドイツではなくフランスおよびイタリアと結びついていた[2]

1917年、皇后の兄でありベルギー軍の将校でもあったパルマ公子シクストゥスを通して、秘密裏に連合国側との平和交渉に着手した。シクストゥス公子と弟のグザヴィエ公子は、フランス共和国との単独講和について秘密交渉によってフランス大統領レイモン・ポアンカレと合意を得た。しかし1918年4月に独墺間の離反を謀ったフランス首相ジョルジュ・クレマンソーによって暴露され、交渉は水泡に帰す。これで同盟国だったドイツの信用も失う結果となった。また、オーストリア国内においても、多くのドイツ民族主義者の憤慨を招くことになった[3]

大戦末期[編集]

1918年同盟国側の戦線崩壊と共に各民族が相次いで離反(チェコスロバキアポーランドなどが共和国を宣言)し、帝国は崩壊していく。オーストリアの休戦要請に対する協商国からの返答がない中、カール1世は帝国内の諸民族と直接交渉しようと試みた。10月12日、帝室の保養地バーデンにすべての民族の32名の代議士を招いた。「諸民族内閣」を発足させようとしたのであるが、しかしチェコ人南スラヴ人は「オーストリア政府内でこれ以上何もすることはない」と答えた[4]。ウィーン宮廷は、ボヘミアクロアチアガリツィアなどで暴動が公然と準備されているのを見た。カール1世はこれを食い止めるため10月16日に連邦制への国家改造の宣言に署名した[5]

オーストリアを、すべての種族がその居住域において独自の国家共同体を形成する連邦国家にすべきである。このことにより、ポーランド独立国家とオーストリアのポーランド地域の統一は、いかなる理由によっても侵害されてはならない。

カール1世にはもはや、皇帝の認可なしに実施されたものを明文をもって認可することによって、権力の虚像を保持することしかできなかった。また、この宣言を受けてハンガリー王国議会では、1867年アウスグライヒの前提が崩れたので、オーストリアとハンガリーの間にはもはや単なる人的同君連合のほかはいかなる関係も存在しない、との声明が出された[6]

11月3日、カール1世は正式に帝国連邦化を宣言し、同日イタリアヴィラ・ジュスティ休戦協定を結び無条件降伏した。11月9日、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が退位を宣言した。その直後ドイツではドイツ社会民主党の主導する政権が誕生したことを受けて、オーストリア社会民主党はカール1世の退位を要求し始めた[7]。11月11日、シェーンブルン宮殿内の「青磁の間」において、カール1世は次の宣言を発した。

すべての人民への変わらぬ親愛の情をもって、今ここに宣する。朕は自らが人民の自由な発展に対する障碍になることを欲せず。人民は、その代表者を通じて政府を継承した。朕は国事への一切の関与を放棄することを宣する。

これは社会福祉相イグナーツ・ザイペルの起草したものであり、いわゆる「国事不関与宣言」である。この後、カール1世は家族とともにウィーン郊外のエッカルトザウ城ドイツ語版へと移った。同日、国家評議会において、共和国と同時にドイツとの合邦を公布すべきであるとする動議が多数決によって採択された。普墺戦争以来のハプスブルク家とホーエンツォレルン家の争いは、オーストリアをドイツから引き離したが、敗戦によって両家がともに君主の座を追われると、大ドイツ主義的な統一思想が急速に息を吹き返したのである[8]

なお、カール1世はあくまで国事への不関与を宣言しただけであって、正式にはけっして退位を宣言しなかった[9]。要求された正式な帝位放棄をカール1世は拒絶し、3月23日、イギリスの保護のもとでスイスへ亡命した。民族議会は、このカール1世の決意を受けて、オーストリア国内のハプスブルク家の全員に国外退去を命令し、ハプスブルク家の財産を戦傷者のためにすべて没収することを決めた。これらの対処は1919年4月2日に法律で定められた[10]。(ただし、民間人として生きることに同意した者は別だった。同意した者は引き続きオーストリアに住むことができた[11]。)

復権運動、マデイラ島への亡命[編集]

こうして、700年余りに及ぶハプスブルク家のオーストリア支配が終焉を迎えた。その後、1921年にハンガリー王国における主権を取り戻そうとした(カール1世の復帰運動)が失敗し、「冒険はもちろんのこと、政治活動すらしない」という約束を破ったことによって、スイス当局からは亡命の延長を拒否された。そこで各国に問い合わせた結果、ポルトガルがカール1世を受け入れてくれる唯一の国だった[12]。大西洋のポルトガル領マデイラ島にイギリスのモニトル艦で送られ、翌1922年4月1日に肺炎のため死去した。享年35歳。マデイラ島での生活は、満足に食事も採れないほど貧しいものだったという。ツィタ皇后は、財政的な困窮から医者を呼ぶことをためらい、それが肺炎を悪化させてカール1世の死の原因となった。

政治的には成すところの少なかったカール1世であったが、キリスト教徒としては非常に敬虔な人物だった。死後82年目の2004年10月3日、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福されている。20世紀の国家元首で福者となったのはカール1世が初めてである。

なお、カール1世の子孫はベルギールクセンブルクの各国の君主の姻戚であり、それぞれ順位は低いものの、これらの君主の地位の継承権を現在でも保持している。

家族[編集]

カールと家族(1914年)

皇后ツィタとの間に5男3女をもうけた。末子のエリーザベトは死後に誕生している。

  • オットー(1912年11月20日 - 2011年7月4日) - 皇太子、ハプスブルク家前当主、元欧州議会議員
  • アーデルハイト(1914年1月3日 - 1971年10月2日)
  • ローベルト(1915年2月8日 - 1996年2月7日)
  • フェリックス(1916年5月31日 - 2011年9月6日)
  • カール・ルートヴィヒ(1918年3月10日 - 2007年12月11日)
  • ルドルフ(1919年9月5日 - 2010年3月15日)
  • シャルロッテ(1921年3月1日 - 1989年7月23日) - メクレンブルク公ゲオルクと結婚。
  • エリーザベト(1922年5月31日 - 1993年1月6日)

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ バウアー(1989) P.88
  2. ^ ジェラヴィッチ(1994) p.116
  3. ^ バウアー(1989) P.89
  4. ^ バウアー(1989) P.112
  5. ^ バウアー(1989) P.113
  6. ^ バウアー(1989) P.129
  7. ^ ジェラヴィッチ(1994) p.131
  8. ^ バウアー(1989) p.151
  9. ^ リケット(1995) p.128
  10. ^ バウアー(1989) p.185
  11. ^ リケット(1995) p.128
  12. ^ リケット(1995) p.129

外部リンク[編集]