オットー・フォン・ハプスブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットー・フォン・ハプスブルク
Otto von Habsburg
Otto Habsburg 001.jpg
オットー・フォン・ハプスブルク(2004年)
続柄 カール1世第1皇子
全名 Franz Josef Otto Robert Maria Anton Karl Max Heinrich Sixtus Xavier Felix René Ludwig Gaetano Pius Ignazius von Österreich
身位 大公皇太子→帝政廃止
敬称 殿下→帝政廃止
出生 1912年11月20日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ライヒェナウ・アン・デア・ラックス
死去 2011年7月4日(満98歳没)
ドイツの旗 ドイツバイエルン州ペッキング
埋葬

2011年7月16日(肉体) 2011年7月17日(心臓)
オーストリアの旗 オーストリアウィーンカプツィーナー納骨堂(肉体)

ハンガリーの旗 ハンガリーパンノンハルマの大修道院(心臓)
配偶者 レギーナ・フォン・ザクセン=マイニンゲン(1951年 - 2010年、死別)
子女 アンドレア
モニカ
ミカエラ
ガブリエラ
ヴァルブルガ
カール
ゲオルク
父親 カール1世
母親 ツィタ・フォン・ブルボン=パルマ
役職 欧州議会議員(ドイツ選出)
サイン Otto von Habsburg Signature.svg
テンプレートを表示

オットー・フォン・ハプスブルクOtto von Habsburg, 1912年11月20日 - 2011年7月4日)は、オーストリア=ハンガリー帝国1918年に帝政廃止)の皇太子。1930年代のオーストリアにおける君主制復活運動を指導し、第二次世界大戦中には「ドナウ連邦」計画を、戦後はヨーロッパの統合を提唱した。欧州議会議員国際汎ヨーロッパ連合国際会長を務めるなど、汎ヨーロッパ的に活動した政治家でもある。

最後の皇帝カール1世と皇后ツィタの長子で、ドイツオーストリアハンガリークロアチアの市民権を持っていた。

生涯[編集]

誕生[編集]

老帝フランツ・ヨーゼフ1世、父カール大公とともに。
1916年、当時4歳の皇太子オットー。父帝の戴冠式にて。

1912年、カール大公とツィタ大公妃の長子として誕生した。生誕時の皇位継承順位は第3位。皇位継承権を有する者はごく限られていたことから、老齢の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は男児の誕生をことのほか喜んだ。とりわけブルボン家の血を引くツィタとの子であるがゆえに、随喜の涙を流したほどであったという。フランツ・ヨーゼフ1世はみずから名付け親となり、男児を「フランツ・ヨーゼフ・オットー」と命名した。時の皇帝と同じ名で呼ぶのはなにかと不都合なこともあるため、男児はもっぱらオットーと呼ばれるようになった。オットーとは祖父のオットー・フランツ大公の名から取られたものだった[1]

フランツ・ヨーゼフ1世からみてオットーは、弟カール・ルートヴィヒ大公の曾孫というやや遠い血縁であったが、皇位継承者であるフランツ・フェルディナント大公はボヘミアの伯爵家出身(皇后・大公妃としては身分不相応)のゾフィー・ホテク貴賤結婚しており、その子孫には皇位継承権がなかった。よって、フランツ・フェルディナント大公の次にはカール大公が皇位を継ぐことが確実視されており、父に次いでオットーも将来のオーストリア皇帝(おそらくフランツ・ヨーゼフ2世)になると目されていた。

フランツ・フェルディナント大公夫妻は1914年サライェヴォ事件で暗殺され、これをきっかけとして第一次世界大戦が勃発するが、これによって父カール大公が新たに皇位継承者となった。大戦さなかの1916年に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は崩御し、父が皇帝カール1世として即位、それに伴ってオットーは皇太子になった。

帝国の崩壊、亡命[編集]

弟・妹とともに。右から順にオットー、アーデルハイト、ローベルトフェリックスカール・ルートヴィヒルドルフ、シャルロッテ、エリーザベト。

1918年中央同盟国は敗北した。ドイツ帝国ヴィルヘルム2世が11月9日に退位した影響を受けて、オーストリアでもカール1世の退位を求める声が上がった[2]。カール1世は11月11日に「国事不関与」を宣言、旧来の帝国組織が崩壊していくのに並行してオーストリア共和国が樹立された。時にオットーは6歳であった。カール1世は家族とともにウィーン郊外のエッカルトザウ城ドイツ語版へ移り、そして翌年3月にはスイスへ亡命した[2]。同年4月に議会は、ハプスブルク家の財産没収のための法案を可決した[2]

父カール1世は、国事不関与の宣言こそすれ、退位の宣言などしたつもりはなかった。カール1世は二度にわたって復権するための行動を起こしたが、しかしカール1世の復帰運動はいずれも失敗に終わり、1921年11月19日に一家そろってポルトガルマデイラ島に流された[3]

その後、母ツィタはオットーに多くの言語を学ばせた。それは、息子がいつの日か非常に多くの国(旧ハプスブルク君主国)を統治するかもしれないと期待してのことであった。その甲斐あってオットーは、ドイツ語、ハンガリー語、クロアチア語、英語、スペイン語、フランス語、ラテン語を流暢に話すようになった。マデイラ島に流されてからわずか4か月後の1922年4月1日、父カール1世は肺炎によって死の床についたが、その際、母ツィタは9歳のオットーにこう言った。「お父様は今、永遠の眠りに就かれました。あなたは今、皇帝および王となったのです。」と[4]

青年期[編集]

1932年11月20日、オットーは成人年齢である20歳に達した。同年の暮れ、オットーはベルリンで博士論文のための研究をしており、そこでドイツの政治家たちの知遇を得ていた[5]。台頭しつつあった右翼の男、アドルフ・ヒトラーの注目を惹いてもいた。ヒトラーは、オーストリアをドイツに併合する助けになりそうな傀儡君主にできるかもしれないと見ていたのであった[5]。オットーは20歳になるとパリを頻繁に訪れ、母方の伯父シクストゥス・フォン・ブルボン=パルマによって社交界に顔つなぎをしてもらった[5]

父のカール1世がハンガリーの王位を取り戻そうとした二回の試みから十年そこそこしか経っておらず、その遺児であるオットーを期待を持って見守るハンガリー人たちもいた。ハンガリーの新聞は、王政復古の可能性について何度か記事にした[5]

イタリアファシスト党の統領であるベニート・ムッソリーニは、母のツィタとオットーに対して、ハプスブルク家の再興は自分たちの共通の目標になりうると説得を試みた。1932年にイタリアの新聞は、中欧の支配者としてはヒトラーよりもハプスブルク家のほうが良いという意見を掲載し、間接的にハプスブルク家の王政復古を後押しした。ムッソリーニはツィタをローマに招き、イタリアの王位継承権のある王女がオットーと結婚するのを見たいと彼女に話した。このような縁談は1930年代初頭のヨーロッパの新聞では、仮に誤報であれ、定期的に流された[5]

オットーは、つねに自分が品行方正な紳士であることを示すことによって、一般人の抱く退廃や同性愛・戦争とハプスブルク家との連想を薄めようと努力した。たとえば、ハプスブルク一門のヴィルヘルム・フォン・エスターライヒ (1895-1948)英語版は、パリで問題を起こして1936年3月に「金羊毛騎士団騎士の身分を自発的に放棄」しているが、これはオットーがヴィルヘルムに圧力をかけた結果だという見方もある[1]。騎士団長であるオットーが発する言葉は、騎士団内では戒律も同然であった[1]

第一共和国[編集]

1934年にオーストリア首相に就任したクルト・シュシュニックは先任首相の誰よりもハプスブルク家の主張に同情的であり、その在任中は絶えずオットーと協議し、オットーを政府の仕事について十分な消息通とした[6]。シュシュニック首相は「ハプスブルク家の復位はオーストリアの国内問題である」と主張して、その問題に関するオーストリアの決定権を一貫して擁護した[6]1935年7月には反ハプスブルク法が廃止され、皇室財産の多くがハプスブルク家のもとに戻った[6]。こうしてオットーは、オーストリアにおいて最も裕福な者のひとりとなった[7]。1000以上のオーストリアの地方自治体が、当時ベルギーに住んでいたオットーを名誉市民とする[8][9]など、君主主義的感情が増大しつつあった[6]。この時期、フランスの新聞各紙はしばしばこう問いかけた。「ハプスブルク家がオーストリアに戻ってくるのだろうか?」と[10]

しかしユーゴスラビア政府が「ハプスブルクの復位を防ぐためには宣戦布告も辞さない」と明言していたり、ヒトラーが猛烈な反ハプスブルク論者であったりして、君主制の復活はほとんど不可能な状況だった。数年前にはハプスブルク家の復位を支持していたイタリアですら、この時期には反対を表明していた[6]

また、君主主義的感情が高まりをみせていたとはいえ、オーストリア国民の感情は君主制よりもドイツ国との合同のほうにより強く向いていた。このような状況のなかでオットーは、ドイツによるオーストリア併合(アンシュルス)を阻もうとしていた[7]1937年の終わりから1938年の始めにかけて、オットーは自分の話に耳を傾ける者すべてに、ヒトラーをウィーンから遠ざけておくにはハプスブルク家の再興しかない、と口にしていた[7]。ドイツとの併合に反対するオーストリア国民にとっては、オットーのもとでの君主制の復活が、ドイツの侵略を防ぐための最も理にかなった方法であると思われた[9]。1937年11月20日はオットーの25歳の誕生日であったが、この日ウィーンの街は、旧帝国を象徴する色である黒と金で飾り立てられた[7]

ヒトラーの最後通牒が来た直後、オットーはみずからが首相となって尽力することをシュシュニック首相に申し出た[11][7]。シュシュニック首相はオットーの申し出を丁重に断ったが、その理由は、ハプスブルク家の復興は即座にドイツの攻撃を招くから自殺行為になるだろう、とドイツに言われたことによるものだった[7]。結局のところ、それとは関わりなくドイツはオーストリアの地へ侵攻してきた。ヒトラーによる一連のオーストリア侵略計画は、オットー作戦ドイツ語版と呼ばれていた[7]

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ体制はオットーを死刑にすることを宣告した。ルドルフ・ヘスは、オットーを捕らえた場合、すぐに処刑を実行するように命じた。ヒトラーの指示によって、彼個人とハプスブルク家の財産は収用され、大戦が終わった後も戻ってきていない。1940年フランスがドイツ軍によって占領されると、オットーの家族はパリから退去してポルトガルに逃れた。そして自身の安全のために、オットーはヨーロッパ大陸からアメリカに発ち、1940年から1944年までワシントンDCに住んだ。1941年、ヒトラーによって母と弟たちともどもオーストリアの市民権を奪われ、無国籍となった。アメリカへの戦時亡命中に、オットーとその弟たちはフランクリン・ルーズベルト大統領と連邦政府に接触し、祖国解放のためにアメリカ軍の中から「オーストリア部隊」を創設しようと試みるが、この考えはアメリカの移民仲間から強い抗議を招き、実現することはなかった[12]。しかしながらオットーは、オーストリアの都市、特に首都ウィーンへの爆撃を、アメリカに中止あるいは制限させることに成功した。大戦の終末期になるとオットーはヨーロッパに戻り、フランスとスペインに数年間住んだ。

また、戦時中には英国のウィンストン・チャーチル首相が「ドナウ連邦」計画(実質的にオーストリア=ハンガリー帝国の回復である)を提案しており、これにオットーは賛意を表明した。しかし、旧ハプスブルク継承諸国のすべての亡命政府と政治的指導者が王政復古に激しく反対した[12]うえ、「ドナウ連邦」が反ソ的なものになると判断したソビエト連邦ヨシフ・スターリンによってこの計画は頓挫し、実現することはなかった。

第二共和国[編集]

1945年、帝政廃止後の初代首相であるカール・レンナーがオーストリア政府の再建に乗り出すと、オットーは彼をソビエト連邦の手先だと糾弾してその新政権樹立の妨害を試みた。しかし、レンナーがソ連軍の妨害を阻止して自由選挙を成功させたため、かえってオットーの信用は低下した。1955年5月、オーストリアと連合国との間で条約が結ばれた。オーストリアとドイツとの合邦を禁止する条項が主な内容であるが、その国家条約の中には再びハプスブルク家の復位を禁止する条項が盛り込まれていた[13]

1960年代初期のオーストリアでは、オットーの帰還が政界を支配した問題であった[14]。国内に大きな騒ぎをもたらした論争は、オットーの帰還に関するもののただ一点だった。ハプスブルク家の構成員は、共和国への忠誠を宣言すれば帰国することができたが、オットーはそうしなかった。オットーは共和国への忠誠を宣言することはいとわなかったが、政治活動をやめることを約束しようとはしなかったのである[14]1961年7月に弁護士を通してオーストリア帝位請求権を放棄すると宣言し、1963年5月に行政裁判所はオットーの宣言を認定した[14]。にもかかわらず、オーストリア社会党はオットーの帰還を承認しないと宣言した。これによって、王党派を支持層に抱えるオーストリア国民党とオーストリア社会党による大連立政権は崩壊した[14]。オットーは国民党にとってより楽な状況を作るべく、新しい選挙がおこなわれるまではその問題を強く推進しないことに国民党と同意した[15]。オットーは1967年にオーストリアへ入国したが、その時は国民党の単独政権であった[15]

なおオットーは、オーストリア帝位継承権は放棄したものの、その他の多くの王位継承権は保持し続けたし、実際にその後もハンガリー王などを名乗り続けた。

欧州議会議員[編集]

演説するオットー

1978年、オットーはドイツ連邦共和国の市民になり、公式の名前を「オットー・フォン・ハプスブルク」とした。オーストリアでは貴族の称号を「フォン」の名乗りに至るまで一切認めていないため、「オットー・ハプスブルク」または「オットー・ハプスブルク=ロートリンゲン」が法律上の名前であった。そして翌1979年から1999年までの20年間にわたり、ドイツ選出の欧州議会議員キリスト教社会同盟所属)を務めた[16]。初当選の時点でオットーはすでに67歳となっていた。

1989年、多数の東ドイツ市民がハンガリー・オーストリア国境を越えて西ドイツに亡命する汎ヨーロッパ・ピクニックが起こると、オットーは西側からこれを支援した[16]。また、東欧革命の後には欧州連合を東側に拡大することを唱えた[16]2004年、オットーは「ヨーロッパの将来はキエフリヴィウで決せられる」と発言した[17]。フランスと同程度の面積を持ち、人口5000万人を擁するウクライナを見て、共産主義体制だった諸国に民主政治を拡大できるかを試そうとしたのである[17]

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国が解体された時、オットーはヨーロッパ諸国に働きかけ、新しく独立したクロアチアを国家として承認するようにさせた[17]。この時セルビアの民兵組織アルカン・タイガーの指導者の一人が、バルカン半島の政治に鼻を突っ込んだ際にフランツ・フェルディナント大公夫妻に何が起きたかに触れてオットーを脅迫した[17]。この脅しに対してオットーは、みずからサライェヴォに乗り込むことで応えた。この時オットーは「この悲劇の循環が閉じるのを祈って」サライェヴォに赴いたのだと語っている[17]

欧州議会におけるオットーは「古きよき保守派」と評価されており、先祖代々伝わるヨーロッパ統一の夢は、中世的な帝国的思想であると非難されたこともあるが、欧州連合によるヨーロッパ統一が夢物語ではなくなるにつれ、そのコスモポリタニズムが注目された。

晩年[編集]

オットーの葬儀当日のウィーン市街の様子
オーストリア=ハンガリー帝国時代の装束に身を包み行進する人々

1922年から84年間務めていた家長の座を、高齢のため2006年いっぱいで長男に譲り、2007年からカールがハプスブルク家当主となった。高齢とはいえ、その後もしばらくは元気な姿を周囲に見せていた。オットーは自身の長寿の説明として、身体の鍛錬という現代的な考えと、次のようなハプスブルク家の循環的な時間の観念に触れている。「人生は自転車のようなものだ。ペダルを漕いでいるかぎり、進み続けるさ」と[18]

2011年7月4日ドイツ南部ペッキング英語版の自宅にて98歳で死去した。2009年に階段から落ちて以来、体調が万全でなかったという[19]

葬儀は7月16日、故国オーストリア・ウィーンシュテファン大聖堂において、ウィーン大司教クリストフ・シェーンボルンの司式により営まれた。葬儀には欧州議会議長イェジ・ブゼクの他、スウェーデン国王カール16世グスタフルクセンブルク大公アンリリヒテンシュタインハンス・アダム2世ブルガリア元国王かつ元首相のシメオン・サクスコブルクゴツキルーマニアの元国王ミハイ1世などの各国君主・元君主の他、イギリススペインベルギーバチカンからも国王やローマ教皇の代理が出席し、帝国時代の伝統衣装を身にまとった市民ら約1万人が参列した[20]。ハプスブルク家の伝統に従い、遺体は同市のカプツィーナー納骨堂に安置され、心臓はハンガリー北西部のパンノンハルマの大修道院に翌17日に納められた。

生前の老帝フランツ・ヨーゼフ1世のことを知る最後の人物であった。このことからウィーンでは、オットーの死をもって「オーストリア=ハンガリー帝国の真の最期」とする見方もあった。

オットー・フォン・ハプスブルクの死と葬儀英語版を参照。

子女[編集]

1951年ザクセン=マイニンゲン公家の当主ゲオルク公子の娘レギーナ1925年 - 2010年)と結婚した。2人の間には2男5女(モニカとミカエラは双生児の姉妹)が生まれており、ハプスブルク家の多産の伝統を守ったとも見なせる。死ぬまでに、22人の孫および2人の曽孫がいた。

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c スナイダー(2014) p.267
  2. ^ a b c ジェラヴィッチ(1994) p.137
  3. ^ ジェラヴィッチ(1994) p.146
  4. ^ Habsburgs Erbe zerfiel und erlebte dennoch eine Renaissance”. Diepresse.com (2011年5月27日). 2011年7月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e スナイダー(2014) p.230
  6. ^ a b c d e ジェラヴィッチ(1994) p.180
  7. ^ a b c d e f g スナイダー(2014) p.287
  8. ^ スナイダー(2014) p.233
  9. ^ a b スナイダー(2014) p.278
  10. ^ スナイダー(2014) p.254
  11. ^ ジェラヴィッチ(1994) p.190-191
  12. ^ a b ジェラヴィッチ(1994) p.208
  13. ^ ジェラヴィッチ(1994) p.230
  14. ^ a b c d ジェラヴィッチ(1994) p.245
  15. ^ a b ジェラヴィッチ(1994) p.246
  16. ^ a b c スナイダー(2014) p.363
  17. ^ a b c d e スナイダー(2014) p.357-358
  18. ^ スナイダー(2014) p.382
  19. ^ 最後の皇帝の長男O.ハプスブルク氏死去 日刊スポーツ 2011年7月4日閲覧
  20. ^ さらば最後の皇太子=O・ハプスブルク氏葬儀に1万人―ウィーン 時事通信 2015年3月15日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

オットー・フォン・ハプスブルク
ハプスブルク=ロートリンゲン家

1912年11月20日 - 2011年7月4日

先代:
0000000カール1世0000000
ハプスブルク=ロートリンゲン家家長
1922年 - 2006年
次代:
0000000カール0000000
先代:
カール1世
金羊毛騎士団
1922年4月1日 - 2000年11月30日
次代:
カール
先代:
リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー
国際汎ヨーロッパ連合国際会長
1973年 - 2004年
次代:
アラン・テルノワール