フランツ・カール・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランツ・カール
Franz Karl
ハプスブルク=ロートリンゲン家
Erzherzog Franz Karl Eybl Litho.JPG
フランツ・カール(1845年頃)
称号 オーストリア大公
全名 Franz Karl Joseph
フランツ・カール・ヨーゼフ
出生 (1802-12-07) 1802年12月7日
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ウィーン
死去 (1878-03-08) 1878年3月8日(75歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
埋葬  
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーンカプツィーナー納骨堂
配偶者 ゾフィー・フォン・バイエルン
子女 フランツ・ヨーゼフ1世
マクシミリアン
カール・ルートヴィヒ
マリア・アンナ
ルートヴィヒ・ヴィクトル
父親 フランツ2世
母親 マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フランツ・カール・フォン・エスターライヒ(Franz Karl von Österreich, 1802年12月7日 - 1878年3月8日)は、オーストリア帝国の皇族。オーストリア大公神聖ローマ皇帝フランツ2世オーストリア皇帝フランツ1世)の三男で、全名はフランツ・カール・ヨーゼフFranz Karl Joseph)。息子にオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世メキシコ皇帝マクシミリアンがいる。

生涯[編集]

1802年12月7日、フランツ・カールはフランツ2世とその2人目の妃であったマリア・テレジアの間に第9子としてウィーンで生まれた。

政治的野心とは無縁の人物で、長兄フェルディナント1世1848年に退位した際は帝位継承権第1位であったにもかかわらず即位を辞退し、長男のフランツ・ヨーゼフに帝位を譲っている。一方文化活動には熱心で、リンツにあるオーバーエスターライヒ州立博物館の "Francisco-Carolinum" は支援者であった彼を記念して名付けられたものである。

フランツ・カールは兄や長男には及ばないものの長命で、1878年3月8日にウィーンにおいて75歳で死去した。遺骨はウィーン・カプツィーナー教会皇帝納骨堂(カイザーグルフト)に収められている。

子女[編集]

1860年ころのフランツ・カールの息子たちの写真。左から順にカール・ルートヴィヒフランツ・ヨーゼフ1世マクシミリアンルートヴィヒ・ヴィクトル

フランツ・カールはバイエルン王マクシミリアン1世の王女ゾフィー1824年11月4日ウィーンで結婚した。彼女との間には以下の四男一女をもうけた。