金羊毛騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
創設者フィリップ善良公と騎士たち
金羊毛勲章

金羊毛騎士団(きんようもうきしだん、フランス語:Ordre de la Toison d'or, 英語:Order of the Golden Fleece)は、ブルゴーニュ公フィリップ善良公によって作られた世俗騎士団。英語に基づいてゴールデン・フリース騎士団、フランス語に基づいてトワゾン・ドール騎士団とも。

概要[編集]

1430年に、フィリップ善良公がポルトガル王女イザベルと結婚する際に、イングランドガーター騎士団に倣って作られた。聖アンデレ守護聖人とし、異端を排除してカトリックを守護することを目的の1つにしており、宗教改革時にはメンバーをカトリックのみに限定していた。

名称はギリシア神話イアソンの物語と、旧約聖書士師記ギデオンの物語に由来している。これは善良公は十字軍を想定していたからである。

モットーは「我らの働きに報償に値しないものはない」(Pretium Laborum Non Vile)。

1477年シャルル突進公が戦死し、一人娘のマリーハプスブルク家マクシミリアンと結婚した。それに伴い、公位と騎士団がハプスブルク家に継承された。後にスペインブルボン朝に代わったとき、騎士団はスペインオーストリアに分かれた。

ハプスブルク家は16世紀に飛躍的に勢力を伸ばし、それに伴って金羊毛騎士団の地位も上昇した。当初31名とされていた定員は、領土の拡大に伴いカール5世により51名に増員。その後も増員されている。

スペインでは現在でも王家の与える勲章として存在している。一方オーストリアでは、第一次世界大戦後にハプスブルク家のカール1世が帝位を失ったものの、騎士団長をベルギーアルベール1世が受け継ぐという提案がスペインの反対でつぶれたため、元皇太子オットーを経て、その長男カールへと騎士団長が受け継がれた。

天皇への授与[編集]

関連項目[編集]