カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・ルートヴィヒ
Karl Ludwig
ハプスブルク=ロートリンゲン家
Karl Ludwig von Oesterreich Franz Wuerbel.jpg
称号 オーストリア大公
全名
出生 1833年7月30日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
死去 1896年5月19日(満62歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
埋葬 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン カプツィーナー納骨堂
配偶者 マルガレーテ
マリア・アンヌンツィアータ
マリア・テレサ
子女 フランツ・フェルディナント
オットー・フランツ
フェルディナント・カール
マルガレーテ・ゾフィー
マリア・アンヌンツィアータ
エリーザベト・アマーリエ
父親 フランツ・カール・フォン・エスターライヒ
母親 ゾフィー
テンプレートを表示

カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒKarl Ludwig von Österreich, 1833年7月30日 - 1896年5月19日)は、オーストリア帝国の皇族。オーストリア大公。全名はカール・ルートヴィヒ・ヨーゼフ・マリアKarl Ludwig Joseph Maria)。フランツ・カール大公の三男。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟で、皇帝カール1世の祖父である。

生涯[編集]

カール・ルートヴィヒと兄弟たち(左から弟ルートヴィヒ・ヴィクトル、長兄フランツ・ヨーゼフ1世、カール・ルートヴィヒ、次兄マクシミリアン

1833年7月30日、フランツ・カールとその妃であったバイエルン王マクシミリアン1世の王女ゾフィーの間に第三子としてウィーンシェーンブルン宮殿で生まれた。彼の二人の兄フランツ・ヨーゼフマクシミリアンは、後にそれぞれオーストリア皇帝メキシコ皇帝となった。母ゾフィーはウィーン大司教ヨーゼフ・オットマール・ラウシャー英語版にカール・ルートヴィヒに宗教精神を教え込むことを依頼し、ラウシャーの影響を受けたカール・ルートヴィヒは敬虔なクリスチャンとなった。

カール・ルートヴィヒは政治に関心を示さなかったが、1853年にアゲノル・ロムアルト・ゴウホフスキの下でガリツィア・ロドメリア王国総督府に赴任して政治に関わるようになり、1855年にはインスブルック総督に任命され、アンブラス城を住居とした。しかし、従兄ライナー・フェルディナントドイツ語版や内務大臣アレクサンダー・フォン・バッハによって、カール・ルートヴィヒの政治権限は制限されていた。そのため、カール・ルートヴィヒは1861年2月に総督を辞任し、その後は芸術と科学のパトロンとして、これらの世界に没頭していった。

1889年に甥ルドルフ皇太子が情死すると、兄フランツ・ヨーゼフ1世の推定相続人に選ばれるが、その際に「カール・ルートヴィヒは長男フランツ・フェルディナントに推定相続人の地位を譲った」という誤報が流れた[1][2]

1896年パレスチナエジプトに旅行に出かけるが、旅行中にヨルダンで不衛生な水を飲んで腸チフスに感染し、帰国後の5月19日にシェーンブルン宮殿で死去した。遺骨はウィーンのカプツィーナー教会地下にあるカプツィーナー納骨堂(カイザーグルフト)に収められている。カール・ルートヴィヒの死後に長男フランツ・フェルディナンドが新たな推定相続人に選ばれるが、彼は1914年にサラエボ事件で暗殺され、第一次世界大戦のきっかけになってしまう[3]

家族[編集]

カール・ルートヴィヒ、マリア、フランツ・フェルディナント、オットー・フランツ(1869年)

カール・ルートヴィヒは生涯に3度結婚している。最初の妃であるザクセン王ヨハンの王女マルガレーテとは1856年11月4日ドレスデンで結婚したが、2年後に死別。彼女との間に子供は生まれなかった。

2人目の妃は、両シチリア王フェルディナンド2世の王女マリア・アンヌンツィアータで、式は1862年10月16日に代理人を介してローマ(当時教皇領)で、10月21日に本人が出席してヴェネツィア(当時オーストリア領)で行なわれた。彼女との間には以下の三男一女をもうけた。

3人目の妃は、ポルトガル王ミゲル1世の王女マリア・テレサで、1873年7月23日クラインホイバッハ(現バイエルン州ミルテンベルク郡)で結婚した。彼女との間には以下の二女をもうけた。

出典[編集]

  1. ^ “The Crown Prince’s Successor”. New York Times. (1889年2月2日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9F04E0D9153AE033A25751C0A9649C94689FD7CF 
  2. ^ “Austria's Insecurity”. New York Times. (1896年6月16日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F1091FFF345C107389DDAF0994DE405B8685F0D3 
  3. ^ "Franz Ferdinand, Archduke of Austria." Encyclopedia of World Biography. Vol. 29. Detroit: Gale, 2009. Gale Biography In Context. Web. 18 May 2012.