ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒ
Joseph August von Österreich
ハプスブルク=ロートリンゲン家
Joseph August of Austria (1872-1962) in 1917.jpg
ヨーゼフ・アウグスト大公(1916年)
称号 オーストリア大公
全名
出生 (1872-08-09) 1872年8月9日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国、アルチュートドボズ
死去 (1962-07-06) 1962年7月6日(89歳没)
西ドイツの旗 西ドイツバイエルン州ニーダーバイエルン行政管区ライン
埋葬 西ドイツの旗 西ドイツバイエルン州オーバーバイエルン行政管区フェルダッフィング
1992年(改葬)
 ハンガリーブダペストブダ城
配偶者 アウグステ・フォン・バイエルン
子女
父親 ヨーゼフ・カール・フォン・エスターライヒ
母親 クロティルデ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ
役職 オーストリア=ハンガリー帝国陸軍元帥
ハンガリー政府臨時元首
1919年8月6日 - 10月23日
ハンガリー科学アカデミー会長
ヴィテーズ騎士団総長
サイン József Ágost főherceg Aláírás 1896-8.JPG
テンプレートを表示

ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒドイツ語: Joseph August von Österreich, 1872年8月9日 - 1962年7月6日)は、オーストリア大公位を有するハプスブルク=ロートリンゲン家の一員。ハンガリー宮中伯英語版ヨーゼフ・アントン大公の孫にあたる。ハンガリー名はハブスブルグ=ロタリンギアイ・ヨージェフ・アーゴシュトハンガリー語: Habsburg–Lotaringiai József Ágost)。最後まで存命したオーストリア=ハンガリー軍の元帥であった。

生涯[編集]

ヨーゼフ・カール大公の長男としてハンガリーのアルチュートドボズハンガリー語版に生まれる。母はザクセン=コーブルク=ゴータ家の公子アウグストの娘でブルガリアフェルディナンド1世の姉であるクロティルデ

1893年にバイエルン王子レオポルトの娘アウグステ・マリア・ルイーゼと結婚した。彼女の母ギーゼラは、ヨーゼフ・アウグストの再従兄に当たる皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の次女であり、ヨーゼフ・アウグストは皇帝の孫娘の婿となった。

1890年に第1歩兵連隊の中尉となって軍人としてのキャリアを開始し、1908年に将官に昇進、1911年には元帥に任じられた。第一次世界大戦が勃発すると、ガリツィア戦線で第7軍団の指揮を取った。後に対イタリア前線に移り、ロシア軍とルーマニア軍に対抗するためにトランシルヴァニアへと転戦した。

戦後、オーストリア=ハンガリー帝国から分離したハンガリーでソビエト政府ハンガリー国民軍によって倒された後、ヨーゼフ・アウグストは新たなハンガリー王国国王に擁立された。しかし、ハプスブルク=ロートリンゲン家の一員であるヨーゼフ・アウグストの即位は協商国ルーマニアの承認が得られず、この「王国」はホルティ・ミクローシュ摂政として国王が空位のまま成立した。

1936年から1944年までハンガリー科学アカデミーの会長を務めた。ホルティが失脚した1944年にアメリカ合衆国へ逃れた。

戦後の1946年に姉のトゥルン・ウント・タクシス侯妃マルガレーテ・クレメンティーネを頼って西ドイツバイエルン州に移り住み、1962年に同地で没した。

家族[編集]

ヨーゼフ・アウグスト大公と家族(1900年)

アウグステ・マリア・ルイーゼ妃との間には、6人の子供が生まれた。

  • ヨーゼフ・フランツ(1895年 - 1957年)
  • ギーゼラ・アウグステ(1897年 - 1901年)
  • ゾフィー・クレメンティーネ(1899年 - 1978年)
  • ラディスラウス・ルイトポルト(1901年 - 1946年)
  • マティアス・ヨーゼフ(1904年 - 1905年)
  • マグダレーナ・マリア(1909年 - 2000年)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ヨーゼフ・アウグスト・フォン・エスターライヒに関するカテゴリがあります。

公職
先代:
ペイドル・ジュラ
ハンガリー国家元首代行
1919年
次代:
フリードリヒ・イシュトヴァーン英語版
文化
先代:
アルベルト・ベルゼリツァ
ハンガリー科学アカデミー会長
1936年 - 1944年
次代:
コリニス・ジュラ英語版
名誉職
先代:
ホルティ・ミクローシュ
ヴィテーズ騎士団総長
1959年 - 1962年
次代:
ファルカシュ・フェレンツ