エセックスハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JW Marriott Essex House
Jumeirah Essex House May 2008.JPG
ホテル概要
設計 Frank Grad & Sons
運営 マリオット・ホテル
所有者 安邦保険集団
階数 43階
レストラン数 South Gate Restaurant and Bar
Lobby Lounge
部屋数 509室
最頂部 140.51 m (461.0 ft)
開業 1931年
所在地 ニューヨーク市マンハッタン区
セントラル・パーク・サウス160号
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

エセックス・ハウス(Essex House)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンミッドタウンにある高級ホテル

概要[編集]

開業[編集]

世界大恐慌最中の1931年に、セントラルパークを見下ろす高級ホテルとして開業した。翌年、最初の所有者の破産により、政府の復興金融公社に押収された[1]。内外装には当時流行していた建築様式であるアールデコ様式がちりばめられ、ウォルドルフ=アストリアプラザ・ホテルと並ぶニューヨークを代表する高級ホテルとして人気を博した。1946年にSterling National Bank & Trust Coが購入[1]

ニッコーホテルズへ[編集]

1969年にマリオット・インターナショナルが買収し「マリオット・エセックスハウス」として運営していたが、1984年10月に当時半官半民で、数年後に完全民営化される予定であった日本航空の系列会社の日航開発(ニッコーホテルズ/現JALホテルズ)が1億7,500万ドルで買収し「ニッコー・エセックスハウス」に改名し、その後日本料理レストランの「弁慶」などを設ける他、旧態化していたロビーや客室などを全面改装し、ニッコーホテルズの旗艦ホテルとなった。

しかしその後、「日航開発が改装経費の回収が不可能と知りながら、完全民営化前になし崩し的に同ホテルを買収、改装したのではないか」との批判(買収にあたっては価格に関する正式な鑑定書は用いず、簡易鑑定書で済ますなど、買収を急いだ形跡があるといわれる)を浴び、「半官半民時における日本航空の放漫経営の象徴」として、一般株主や反会社側労働組合などからの批判の的となった。

なおこのエピソードは、山崎豊子の「沈まぬ太陽」(小説内でのホテル名は『グランドホテル』)[2]や、黒木亮の「巨大投資銀行・上」(「大日本航空開発」という会社が「サセックス・ハウス」をろくに調査もせずに言い値で購入したことになっている)にも登場している。

ウェスティンへ[編集]

バブル景気も終わりに近づいた1991年に全面改装した際の経費を回収できなかった上、日本航空本体の経営状況が悪化したこともあり、1999年1月にホテル投資信託会社のストラテジック・ホテル・キャピタルに2億5,000万ドルで売却し、以降は「ウェスティン・エセックスハウス・オン・セントラル・パーク」の名称で、ウェスティンホテル(現在はスターウッド・ホテル&リゾートの一ブランド)の一員として運営された。

現在[編集]

2005年には、アラブ首長国連邦の高級ホテルグループであるジュメイラ・インターナショナルが買収し、多額の資金をかけて改装し「ジュメイラ・エセックスハウス」として運営されていたが、2012年9月に閉鎖。再びストラテジック・ホテルズが、6年前に売却した金額より5000万ドル安い価格で買い戻した[1]2013年春より「JWマリオット・エセックスハウス」としてリニューアルオープンした[3]。2014年にはメットライフが融資を行なった[1]。2016年3月に中国の保険会社「安邦保险集团」に買い取られた[4]

データ[編集]

  • 所在地:160 Central Park South, New York, NY 10019, U.S.A.
  • 階数:40階
  • 部屋数:605室
  • レストランアラン・デュカス・アット・エセックスハウス(2007年に閉店)、カフェ・ボタニカなど

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Old New York: JW Marriott Essex HouseCommercial Observer, Feb. 6, 2015
  2. ^ 「沈まぬ太陽」の作中で、主人公が財務内容やホテル買収の経緯の調査目的で当該ホテルを訪れた事になっているが、実際には主人公のモデルとされた小倉寛太郎氏が当該ホテルを訪れた事実は無く、同氏がその調査業務に就いた事実もない。
  3. ^ エセックスハウスが来春生まれ変わって再登場 - Expedia.co.jp
  4. ^ Tsang, Amie (2016年3月13日). “Chinese Owner of Waldorf Astoria Bets Big on More U.S. Hotels”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/03/14/business/dealbook/chinese-owner-of-waldorf-astoria-bets-big-on-more-us-hotels.html 2016年3月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度45分58.51秒 西経73度58分42.64秒 / 北緯40.7662528度 西経73.9785111度 / 40.7662528; -73.9785111