マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ (1858-1929)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・クリスティーナ・フォン・エスターライヒ

マリア・クリスティーナ・デジレ・ヘンリエッテ・フェリツィタス・ライニエラ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Maria Christina Desiree Henriette Felicitas Rainiera von Habsburg-Lothringen, 1858年7月21日 - 1929年2月6日)は、スペインアルフォンソ12世の2度目の王妃。スペイン語名はマリア・クリスティーナ・デ・アブスブルゴ=ロレーナ(María Cristina de Habsburgo-Lorena)またはマリア・クリスティーナ・デ・アウストリア(María Cristina de Austria)。

オーストリア大公カール・フェルディナント(父はレオポルト2世の三男テシェン公カール)と、オーストリア大公女エリーザベト・フランツィスカ(父はレオポルト2世の八男ヨーゼフ大公)の娘として、モラヴィアで生まれた。異父姉にバイエルンルートヴィヒ3世の王妃マリア・テレジアがいる。

1879年11月、アルフォンソとマドリードで結婚した。

1885年に王が病死したとき、マリアは第3子を妊娠中だった。生まれた子が女児の場合は、王位につくのは長女メルセデス、男児の場合はその誕生とともに即位することに決められた。結果、生まれたのは男児だったため、アルフォンソ13世としてただちに即位し、成人するまでの間マリアが幼王の摂政をつとめた。

子供[編集]

摂政マリア王太后とアルフォンソ13世