アルブレヒト2世 (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルブレヒト2世

アルブレヒト2世(Albrecht II., 1397年8月10日 - 1439年10月27日)は、ハプスブルク家オーストリア公ボヘミア王、ハンガリー王、ドイツ王(ローマ王、在位:1438年 - 1439年)。オーストリア公としてはアルブレヒト5世。ハンガリー名はアルベルト(Albert)。

1404年に父アルブレヒト4世の後を継いでオーストリア公となり、1411年から親政を行った。1422年ルクセンブルク家神聖ローマ皇帝兼ボヘミア王兼ハンガリー王ジギスムントの娘(女相続人)エリーザベトと結婚した。

1437年にジギスムントが没するとハンガリー王と名目上のボヘミア王になったが、ボヘミアでは反乱が続いており、実効支配はできなかった。1438年3月18日に神聖ローマ皇帝の前段階であるドイツ王に選ばれたが、正式に皇帝としての戴冠をはたさないまま1439年10月オスマン帝国との戦争中にハンガリーのネスメーイ英語版赤痢によって急死した。

オーストリアの所領とボヘミア王位はアルブレヒトの死後に生まれた息子ラディスラウス・ポストゥムスが継承したが、ハンガリー王位は一旦ポーランドヴワディスワフ3世に渡り(ヴワディスワフが1444年に戦死したため、ラディスラウスが継承した)、新たなドイツ王には又従弟に当たる傍系のフリードリヒ3世が選ばれた(後に皇帝としての戴冠も果たした)。

子供[編集]

妃エリーザベトとの間に1男2女をもうけた。

先代:
ジギスムント
ドイツ王(ローマ王)
1438年 - 1439年
次代:
フリードリヒ3世
先代:
アルブレヒト4世
オーストリア公
1404年 - 1439年
次代:
ラディスラウス
先代:
ジクムント
ボヘミア王
1438年 - 1439年
次代:
ラジスラフ
先代:
ジグモンド
ハンガリー王
1437年 - 1439年
次代:
ウラースロー1世