オットー3世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オットー
Ottó
ハンガリー王
Ota3 Thurocsi.jpg
ハンガリー王・下バイエルン公オットー3世
在位 1305年 - 1307年
別号 下バイエルン公
出生 1261年2月11日
ブルクハウゼン
死去 1312年9月9日
ランツフート
配偶者 カタリーナ・フォン・ハプスブルク
  アグネス・フォン・グロガウ(アグニェシュカ)
子女 一覧参照
王家 ヴィッテルスバッハ家
父親 下バイエルン公ハインリヒ13世
母親 エルジェーベト(ベーラ4世の娘)
テンプレートを表示

オットー3世(Otto III, 1261年2月11日 - 1312年9月9日)は、ヴィッテルスバッハ家下バイエルン公(在位:1290年 - 1312年)、ハンガリー王(オットー(Ottó)、在位:1305年 - 1307年)。下バイエルン公ハインリヒ13世の長男。母はハンガリー王ベーラ4世の娘エルジェーベト(エリーザベト)。

生涯[編集]

1290年に2人の弟ルートヴィヒ3世シュテファン1世と共に公位を継承した(弟達は共にオットー3世に先立って死去している)。オットー3世はハプスブルク家ドイツ王アルブレヒト1世に対抗して、1180年に失ったシュタイアーマルクの奪還に挑んだ。男系が断絶したアールパード朝の血を引くことからハンガリー王即位の要請を1301年に受けていたが、1305年にようやく受諾した。オーストリアやハンガリーの情勢と関わることで、オットー3世のバイエルンでの地位は弱体化し、最終的には財政問題でつまづいた。オットー3世はハンガリー史上では1301年から1310年までの空位時代の対立王とされる。

下バイエルンはオットー3世から息子ハインリヒ15世、及びシュテファン1世の息子ハインリヒ14世オットー4世に継承された。ハインリヒ14世の息子ヨハン1世は最後の下バイエルン公となり、上バイエルン公から神聖ローマ皇帝となったルートヴィヒ4世によってバイエルンは一旦統合された。

子女[編集]

1279年ドイツ王ルドルフ1世の娘カタリーナと結婚したが1282年に死別。彼女との間に生まれた双子も夭折した。

  1. ルドルフ(1280年)
  2. ハインリヒ(1280年)

1309年グウォグフ公ヘンリク3世の娘アグニェシュカと再婚、2人の子を儲けた。

  1. アグネス(1310年 - 1360年) - オルデンブルク伯ハインリヒ4世と結婚
  2. ハインリヒ15世(1312年 - 1333年)
先代:
ヴェンツェル
ハンガリー王
1305年 - 1307年
次代:
カーロイ1世
先代:
ハインリヒ13世
下バイエルン公
1290年 - 1312年
ルートヴィヒ3世シュテファン1世と共同統治
次代:
ハインリヒ14世
オットー4世
ハインリヒ15世