カール7世 (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール7世
Karl VII.
ローマ皇帝
Charles VII, Holy Roman Emperor.PNG
在位 1742年1月24日1745年1月20日
戴冠 1742年2月12日
別号 バイエルン選帝侯ボヘミア王
全名 Karl Albrecht
カール・アルブレヒト
出生 1697年8月6日
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン領ネーデルラントブリュッセル
死去 1745年1月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of the Electorate of Bavaria.svg バイエルン選帝侯領ミュンヘン
埋葬 ミュンヘン、テアティーナ教会
配偶者 マリア・アマーリエ・フォン・エスターライヒ
王家 Wittelsbach Arms.svg ヴィッテルスバッハ家(バイエルン系)
父親 マクシミリアン2世エマヌエル
母親 テレーゼ・クニグンデ・ソビエスカ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カール7世ドイツ語Karl VII., 1697年8月6日 - 1745年1月20日)は、神聖ローマ帝国ローマ皇帝(在位:1742年 - 1745年)。ヴィッテルスバッハ家バイエルン系)出身。バイエルン選帝侯(在位:1726年 - 1745年)でもあり、後にベーメン王も兼ねた(在位:1741年 - 1743年)。バイエルン選帝侯としてはカール・アルブレヒトKarl Albrecht)、ベーメン王としてはカレル3世アルブレフトチェコ語Karel III Albrecht)。ルートヴィヒ4世以来4世紀ぶりの即位となったヴィッテルスバッハ家の皇帝であり(ローマ王としてはプファルツ系ループレヒト以来3世紀ぶり)、1437年以降唯一の非ハプスブルク[1]の皇帝である。

生涯[編集]

バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルとその後妻であるポーランド王ヤン3世ソビエスキの王女テレーゼ・クニグンデの息子として、1697年8月6日にブリュッセルで生まれた。当時、父マクシミリアン2世エマヌエルはスペイン領ネーデルラント総督であった。

異母兄のヨーゼフ・フェルディナントは、子のなかったスペイン王カルロス2世の王位継承者(アストゥリアス公)に指名されていたが、夭逝した。新たな王位継承者の座を巡ってスペイン継承戦争が勃発すると、マクシミリアン2世エマヌエルはフランス王ルイ14世の孫で自身の甥(カール・アルブレヒトの従兄)であるアンジュー公フィリップ(フェリペ5世)を支持してフランス方に就いた。しかし、ブレンハイムの戦いで敗れた後、バイエルンはイギリスオーストリアに占領され、マクシミリアン2世はネーデルラントへ逃亡、カール・アルブレヒトはオーストリアで長期間虜囚となった。なお、ウィーン滞在中に皇帝ヨーゼフ1世の次女マリア・アマーリエと婚約している。

戦争後、1715年4月にマクシミリアン2世エマヌエル一家はバイエルンに戻った。1726年、父の死去によりバイエルン選帝侯となる。 ニンフェンブルク宮殿にあるロココ様式の離宮アマリエンブルクは彼が建てさせたものである。

ローマ皇帝カール6世1713年に定めた国事詔書に基づいて、皇女マリア・テレジアへのオーストリアをはじめとするハプスブルク家世襲領の継承とその夫ロレーヌ公フランツ・シュテファンの皇位継承を諸侯に認めさせた。しかし、1740年にカール6世が死去すると、皇女マリア・アマーリエ(マリア・テレジアの従姉にあたる)が妃であることを理由に、カール・アルブレヒトは国事詔書に反してベーメン王位などを要求した。そして1741年、義兄であるザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世ベーメン侵攻に合わせて、秘密同盟を結んだフランスとともに上オーストリアとベーメンへ侵攻した(オーストリア・バイエルン戦争)。翌1742年にはローマ王に全会一致で選出され、弟でケルン大司教選帝侯の一人)であったクレメンス・アウグストによって、フランクフルトでローマ皇帝として戴冠された(この時点で自身も元来のバイエルン選帝侯位に加えて、ベーメン王としての選帝侯位を獲得していた)。

しかし、ハンガリー貴族の支援を得たマリア・テレジアの反撃をただちに受け、敗れたカール7世はそれまでの占領地を奪還されただけでなく、バイエルンも占領された。そのため、カール7世はフランクフルトを拠点とせざるを得なくなった。1744年には第二次シュレージエン戦争の開始に乗じてミュンヘンを奪還するが、その3か月後に失意のうちに死去した。カール7世の死後、クレメンス・アウグストと後を継いだマクシミリアン3世ヨーゼフはフランツ・シュテファンに票を投じた。

家族[編集]

1722年に皇帝ヨーゼフ1世の遺児の一人であったマリア・アマーリエと結婚した。2人は7人の子をもうけた。

また、庶子にフランツ・ルートヴィヒ・フォン・ホルンシュタイン(1723年 - 1780年)がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 婚姻関係の他、自身も女系で皇帝フェルディナント2世の玄孫であり、ハプスブルク家とつながりがなかったわけではない。
先代:
マクシミリアン2世エマヌエル
バイエルン選帝侯
1726年 - 1745年
次代:
マクシミリアン3世ヨーゼフ
先代:
カレル2世
ボヘミア王
1741年 - 1743年
次代:
マリエ・テレジエ