ルートヴィヒ4世 (東フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルートヴィヒ4世

ルートヴィヒ4世Ludwig IV, das Kind, 893年9月または10月 - 911年9月24日)は、カロリング朝東フランク王国最後の王(在位:899年 - 911年)。幼童王または小児王とも呼ばれる。

生涯[編集]

893年、東フランク王アルヌルフコンラディン家のヘッセンガウ伯ベレンガル(Berengar)の娘オーダ(ウータ)との間の嫡子(3男、末子)としてバイエルンに生まれた。

899年、6歳で父の死によって王位を継承し、マインツ大司教ハットー、アウグスブルク司教アーダルベロ、コンスタンツ司教ザロモ3世のほか、母の実家コンラディン家のラーンガウ伯コンラート(異母姉の夫でもある)とその弟で後のロートリンゲン公ゲープハルト、父方の親族とされるルイトポルト家のバイエルン辺境伯ルイトポルトが摂政をつとめた[1]。また、900年にはロタリンギア王の異母兄のツヴェンティボルトなどの相次ぐ死でロタリンギア王をも兼ねた。

900年以降、マジャル人の侵入に苦しめられたが、摂政団は十分な対応ができず、907年にはバイエルン辺境伯ルイトポルトらがブラチスラヴァ近郊で戦死しパンノニアオストマルクを奪われた。また、910年のアウグスブルク近郊での戦いでも大敗し、ロートリンゲン公ゲープハルトが戦死した[2]

911年、僅か17歳で死去した。嗣子がなく、東フランクのカロリング朝は断絶した。そのため王位は外甥(異母姉グリズムートとラーンガウ伯コンラートとの子)の、コンラディン家のフランケン大公コンラート1世が継承した。

引用文献[編集]

  1. ^ 成瀬他、p.99
  2. ^ 成瀬他、p.100-101

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
先代:
ツヴェンティボルト
ロタリンギア王
900年 - 911年
次代:
シャルル3世