ルートヴィヒ2世 (東フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルートヴィヒ2世

ルートヴィヒ2世Ludwig II804年 - 876年8月28日)は、東フランク王国カロリング朝)の国王ルートヴィヒ1世(敬虔王)の子(在位:843年 - 876年)。母はその最初の妃エルマンガルド・ド・エスベイドイツ人王と称されている。

父・敬虔王の死後、弟のシャルル2世(禿頭王)と手を結び、王国のすべての領土を手中に収めようとした兄ロタール1世に対抗、843年ヴェルダン条約ライン川アーレ川以東の地を獲得し、東フランク王国を築き上げた。これが、後のドイツの起源である。

869年中部フランク王国ロタリンギア王で甥のロタール2世が死去したが、この時ルートヴィヒは全身麻痺の病のため動くことができず[1]、同年シャルル2世がロタリンギア王として戴冠した。しかし翌870年、ルートヴィヒはロタリンギアに対する自らの相続権を主張し、シャルル2世とメルセン条約を結んでその遺領を分割併合することを決め、アーヘンおよびメッツを含むロタリンギア東部を獲得した[2]875年、ルートヴィヒは自らの死後の三子への遺領分割相続を定め、長男カールマンをバイエルンの、次男ルートヴィヒをフランケン、チューリンゲン、ザクセンの、三男カールアレマニアシュヴァーベン)の副王とした。翌876年、フランクフルトにて73歳で死去し、ロルシュ修道院に葬られた[2]。遺領は875年の決定通り、三子が分割相続した。

子女[編集]

827年に、アルトドルフ伯ヴェルフの娘ヘンマ(? - 876年)(父ルートヴィヒ1世の二度目の王妃ユーディトの妹)と結婚、3男4女がいる。

  • ヒルデガルド(828年 - 856年/859年) マインのミュンスターシュヴァルツァヒ女子修道院長、チューリヒのフラウミュンスター女子修道院長
  • カールマン(830年頃 - 880年) 東フランク王(バイエルン王)
  • イルムガルド(エルメンガルド)(830年/833年 - 866年) バイエルンのフラウエンキームゼー女子修道院長
  • ルートヴィヒ3世(835年 - 882年) 東フランク王(ザクセン王)
  • カール3世 (839年頃 - 888年) 東フランク王(アレマニア王)、のちフランク王、ローマ皇帝
  • ベルタ(? - 877年) マインのミュンスターシュヴァルツァヒ女子修道院長、チューリヒのフラウミュンスター女子修道院長
  • ギーゼラ(840年 - 891年) シュヴァーベン宮中伯ベルヒトルト1世と結婚、ドイツ王コンラート1世妃クニグンデの母

脚注[編集]

  1. ^ 瀬原、p.50
  2. ^ a b 成瀬他、p.91

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • ハンス・K・シュルツェ 『西欧中世史事典II-皇帝と帝国-』 ミネルヴァ書房、2005年