カールマン (東フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カールマン2世ドイツ語Karlmann II, 830年頃 - 880年11月29日?)は、東フランク王国カロリング朝)の国王バイエルン王、在位:876年 - 880年)。のち、兼イタリア王(在位:877年 - 879年)。ルートヴィヒ2世(ドイツ人王)とその王后でシュッセンガウ伯ヴェルフの娘エンマ(古ヴェルフ家)の息子。

872年、従兄の皇帝ロドヴィコ2世(ルートヴィヒ2世)により帝位継承者に定められていたが[1]875年に皇帝が死去した後、叔父である西フランクシャルル2世が教皇ヨハネス8世により西ローマ皇帝とされた。876年、父ルートヴィヒ2世の死去を受け、カールマンは弟のルートヴィヒ3世カール3世とともに父の遺領を分割し、バイエルンを継承した。さらに、877年の西フランク王シャルル2世の死去を受け、東フランクの君主として初めて「イタリア王」の称号も獲得した。879年、カールマンは病を得て身体が不自由になり、ルートヴィヒ3世にバイエルンの王位を、カール3世にイタリア王位を譲り、翌880年死去した。

子女[編集]

861年以前に、ノルトガウの伯エルンストの娘(名前不詳)と結婚したが、子供はいなかった。

リウスヴィントとの間に、庶子で後に東フランク王となるアルヌルフがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 瀬原、p.52

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
先代:
シャルル2世(禿頭王)
イタリア王
879年 - 879年
次代:
カール3世(肥満王)