コンラート2世 (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央がコンラート2世。14世紀の水彩画

コンラート2世(Konrad II., 990年7月12日? - 1039年6月4日)は、ドイツ王(在位:1024年 - 1039年)、神聖ローマ皇帝(在位:1027年 - 1039年)、ブルグント(在位:1033年 - 1039年)。ザーリアー朝初代の王。リウドルフィング家(ザクセン朝)の皇帝オットー1世(大帝)の女系の玄孫に当たる[1]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

ザーリアー朝はコンラート2世の父方の高祖父に当たるヴェルナー5世を祖として、ヴォルムスガウ伯およびシュパイアーガウ伯位を持っていた[2]。ヴェルナー5世はコンラディン家出身であるドイツ王コンラート1世(若王)の婿であったといわれる[3][4]。息子コンラート(赤毛公)はオットー1世の娘のリウトガルトを娶ってロートリンゲン公となったが、義兄でオットー1世の子リウドルフの反乱に加担したため、ロートリンゲン公位を剥奪された[5]。後のレヒフェルトの戦いアールパード朝ハンガリータクショニュ率いるマジャル人の軍勢に包囲されると、コンラートは岳父を救援して自身は戦死するも、ハンガリー王国の軍勢を撃退に成功した[6]

コンラートとリウトガルトの息子オットー1世(老公)はケルンテン公国を獲得[7]、オットー1世の長男であるシュパイアーガウ伯ハインリヒ2世アーデルハイトジラール家ロートリンゲンメッツ伯リシャールの娘)との間の長男として後の皇帝コンラート2世は生まれた[8][9]

ローマ教皇グレゴリウス5世、ケルンテン公コンラート1世およびシュトラスブルク大司教ヴィルヘルムは叔父で、ケルンテン公コンラート2世ヴュルツブルク大司教ブルーノ2世兄弟(コンラート1世の子)は従弟である[10]。また、母アーデルハイトはフランケン貴族と再婚し、異父弟にあたる後のレーゲンスブルク大司教ゲープハルトをもうけた[8]

青年期[編集]

父ハインリヒ2世は祖父のケルンテン公オットー1世に先立って990年代[11]に死去し、コンラートは祖父オットー1世から家領の大部分を相続したものの[8]、ケルンテン公位は叔父コンラート1世が継承し、コンラートはドイツ国王として選出されるまで無官職であった[12]

1000年にヴォルムスガウ司教ブルクハルトと出会い、その教育を受けた[13]。しかしこのような教育の機会にもかかわらず、コンラートは生涯文盲に留まった。年代記作家はコンラートがアルファベットを読めず、またラテン語の読み書きもできなかったと伝えている[14]

1016年の終わりまたは1017年の初めに、コンラディン家のシュヴァーベン公ヘルマン2世の娘ギーゼラと結婚した[12]。ギーゼラはシュヴァーベン公領とブルグント王領の相続権を保持していた(母親がブルグント王コンラート3世の娘ゲルベルガ)。なお、この結婚は2人が近縁であることにより、教会法によれば不法なものであった[15]

選挙による国王選出[編集]

ハインリヒ2世が子を残さずして死去し、ザクセン朝は男系の血統が完全に断絶した。そのため1024年9月4日、国王選挙のための諸侯集会がオッペンハイムで開催された。この場において、満場一致でコンラートがドイツ王に選出され、ザーリアー朝初代の王となった[16]。しかしながら、満場一致とはいえケルン大司教ピルグリム、ロートリンゲン大公ゴツェロ1世などはこの諸侯集会に臨席していなかった[12][16]。そのためハインリヒ2世と同様にコンラート2世も各地を巡行して、こうした各勢力から王位の承認を得る必要に迫られた[13][17]

帝国の版図拡大[編集]

ザクセン朝が推進したイタリア政策はザーリアー朝にも引き継がれた。1026年にはイタリア遠征を敢行して、同年3月23日にミラノイタリア王の戴冠を受けた[18]。さらに翌年の復活祭の日(3月26日)には、ローマサン・ピエトロ大聖堂で、ローマ教皇ヨハネス19世から帝冠を受けて皇帝となった[19][20]。この戴冠式には、ドイツイタリアの諸侯だけでなく、当時広大な北海帝国を形成していたデンマーククヌーズ2世なども臨席していた[20][21]

1032年9月、ブルグントルドルフ3世が嗣子なく死去し、コンラート2世は相続によってブルグント王位も手中に収め[21]1033年2月2日ペーターリンゲンで戴冠した[22]。このことによって、ドイツ(東フランク)・イタリア・ブルグントという3国の王冠が一手に掌握された。この3国の領域が、いわゆる「神聖ローマ帝国」の支配領域を規定する雛型となった[21]

1039年、ユトレヒトで死去[23]、自身が建設させたシュパイアー大聖堂に葬られた[24]。息子のハインリヒ3世がその後継者となった。

子女[編集]

1016年頃にシュヴァーベン公ヘルマン2世の娘ギーゼラと結婚したが、ギーゼラは最初にブルノン家のブラウンシュヴァイク伯ブルーノ1世(1010年頃没)と、2度目にバーベンベルク家のシュヴァーベン公エルンスト1世(1015年没)と結婚しており、コンラートとの結婚は3度目であった[25]。ギーゼラとの間に以下の子女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ 菊池、p. 62
  2. ^ 瀬原、p. 143
  3. ^ Detlev Schwennicke: Europäische Stammtafeln Neue Folge Band I. 1, 1998
  4. ^ 下津、p. 302
  5. ^ 瀬原、p. 144
  6. ^ 瀬原、p. 86
  7. ^ 瀬原、p. 145
  8. ^ a b c 瀬原、p. 147
  9. ^ Karl R. Schnith. Mittelalterliche Herrscher in Lebensbildern. Von den Karolingern zu den Staufern. Styria Premium, 1990. Stammtafel.
  10. ^ 下津、p. 303
  11. ^ 990年(下津、p. 303)と1000年頃(瀬原、p. 147)死去の説がある。
  12. ^ a b c 瀬原、p. 148
  13. ^ a b 瀬原、p. 149
  14. ^ 鈴木、p. 45
  15. ^ 共にハインリヒ1世の子孫にあたる。1024年、マインツ大司教アリボーは2人が近親であることを理由に、ギーゼラへの戴冠を拒否した(シュルツェ、p. 81)。
  16. ^ a b 成瀬他、p. 153
  17. ^ 成瀬他、p. 153-154
  18. ^ 成瀬他、p. 155
  19. ^ 成瀬他、p. 155-156
  20. ^ a b 瀬原、p. 153-154
  21. ^ a b c 成瀬他、p. 156
  22. ^ a b 瀬原、p. 161
  23. ^ 成瀬他、p. 157
  24. ^ 瀬原、p. 167
  25. ^ 瀬原、p. 148

参考文献[編集]

  • 菊池良生 『神聖ローマ帝国』 講談社現代新書、2003年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • 下津清太郎 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1987年
  • 成瀬治 他 『世界歴史大系 ドイツ史1』 山川出版社、1997年
  • ハンス・K・シュルツェ 『西欧中世史事典Ⅲ』 ミネルヴァ書房、2013年
  • 鈴木博之 『世界遺産をもっと楽しむための西洋建築入門』 JTBパブリッシング、2013年

関連項目[編集]

先代:
ハインリヒ2世
ドイツ王
1024年 - 1039年
次代:
ハインリヒ3世