ヨープスト・フォン・メーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨープスト・フォン・メーレン

ヨープスト・フォン・メーレン:Jobst von Mähren, 1351年 - 1411年1月18日)は、ルクセンブルク家モラヴィア辺境伯(在位:1375年 - 1411年)、後にルクセンブルク(在位:1388年 - 1402年1407年 - 1411年)、ブランデンブルク選帝侯(在位:1388年 - 1411年)、ドイツ王対立王、在位:1410年 - 1411年)。チェコ名ヨシュト(Jošt Moravský)、フランス名ジョス(Josse de Moravie)。

父はボヘミアヨハン(盲目王)の子で神聖ローマ皇帝カール4世の弟であるモラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒ。母はオパヴァラチブシュミクラーシュ2世の娘マルガレーテ。ドイツ王兼ボヘミア王ヴェンツェルと神聖ローマ皇帝兼ハンガリー・ボヘミア王ジギスムントは従兄弟に当たる。

生涯[編集]

1372年、ハンガリー宮中伯を務めるオポーレ公ヴワディスワフの娘エルジュビェタと結婚したがすぐに死別、1374年にはヴワディスワフの妹であるアグニェシュカと再婚した。2度の結婚で子供はなかった。

従兄であるドイツ王ヴェンツェル・ハンガリー王ジギスムント兄弟に多額の融資と軍事援助をしていたため、1388年にヴェンツェル・ジギスムントよりそれぞれルクセンブルク、ブランデンブルク選帝侯領を借金の抵当として譲られる。野心家でもあり、1394年にヴェンツェルと対立するボヘミア貴族と組んでヴェンツェルを捕らえ監禁するも、翌1395年に報復に出たヴェンツェルにより監禁されている。ブランデンブルクの統治は義弟のマイセン辺境伯ヴィルヘルム1世に委ね、ルクセンブルクは抵当に入れてオルレアン公ルイに転売した(1407年にルイが暗殺されたため、ルクセンブルクはヨープストに戻った)[1][2]

子供の無いジギスムントから1400年に後継者に指名されたが、ヨープストの方は反対派と結んでヴェンツェル・ジギスムント兄弟を脅かしていた。1401年にハンガリー貴族がジギスムントに対する反乱を起こすとどさくさに紛れてブラチスラヴァを占拠、同年にドイツ王ループレヒトの軍勢がボヘミアに迫るとそちらへ加勢した。ジギスムントもヨープストの油断ならない姿勢に警戒し、1402年に後継者をヨープストからオーストリアアルブレヒト4世へ変更、同年にヨープストの捕縛を企てて失敗している[3]

ループレヒトが1410年に死去すると、ジギスムントの反対にもかかわらずヨープストを次期皇帝に推す選帝侯が(ヨープスト本人以外にも)現れて2人が並び立つ状況が続いたが、翌1411年にヨープストが死亡し、ジギスムントが単独の皇帝になった。ジギスムントはまたブランデンブルク選帝侯にも復位した。ルクセンブルクはジギスムントの姪エリーザベトが相続した[2][4]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴本、P102、P129、瀬原、P219 - P222、P230 - P232。
  2. ^ a b トラウシュ、P42。
  3. ^ 瀬原、P224、P226、P236 - P238。
  4. ^ 鈴本、P136 - P137、瀬原、P242。

参考文献[編集]

先代:
ヨハン・ハインリヒ
モラヴィア辺境伯
1375年 - 1411年
次代:
ヴェンツェル
先代:
ヴェンツェル(ヴェンセラス)2世
ルクセンブルク公
1388年 - 1402年
次代:
ルイ・ドルレアン
先代:
ルイ・ドルレアン
ルクセンブルク公
1407年 - 1411年
次代:
エリーザベト(エリザベート)
先代:
ジギスムント
ブランデンブルク選帝侯
1388年 - 1411年
次代:
ジギスムント
先代:
ループレヒト
ドイツ王(ローマ王)
1410年 - 1411年
ジギスムントと並立
次代:
ジギスムント