ギュンター・フォン・シュヴァルツブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギュンター・フォン・シュヴァルツブルク

ギュンター・フォン・シュヴァルツブルク(Günther von Schwarzburg, 1304年 - 1349年6月14日)は、14世紀神聖ローマ帝国におけるカール4世に対する対立王(在位:1349年)。ブランケンブルク伯ハインリヒ7世の子[1]。シュヴァルツブルク=ブランケンブルク伯(21世)[1]

1349年1月30日、フランクフルトでバイエルン公ブランデンブルク辺境伯ルートヴィヒ5世によってカール4世の対立王に擁立された[2]。しかしカール4世が優位の状況に追い詰められ、同年5月24日に退位を宣言し[3]、間もなく死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b 下津、p. 433
  2. ^ 瀬原、p. 144
  3. ^ 瀬原、p. 145-146

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世後期の歴史像』 文理閣、2011年